長島・大野・常松法律事務所ナガシマオオノツネマツホウリツジムショ
業種 コンサルタント・専門コンサルタント
各種ビジネスサービス
本社 東京

世の中のことに対して興味関心が広がり深まっていく仕事

私が弁護士秘書を志したのは、自己分析がきっかけでした。こつこつと計画的にものごとに取り組むことや、自分が表に立つよりも裏側から支えることが好きな性格で、その方法を工夫することなどにやりがいを感じるタイプであることから、事務の仕事を中心に探しました。毎日同じようなことを繰り返すのではなく、社会性があり、世の中のことに対して興味関心が広がり、かつ深まっていくような仕事をしたいと思い就職活動を進めました。

長島・大野・常松法律事務所(NO&T)の秘書の仕事は、単純な事務作業だけではなく、担当する弁護士の専門分野によって訴訟やM&Aなどの関われる案件や業務の種類が多岐にわたること、1名の秘書が3名程度の弁護士を受け持つため、常に次に必要となることを先読みして準備を進めることが大切であること、テレビや新聞のニュースになるような案件を担当することも少なくないことを知り、難しそうではあるものの自分の性格に合っており、興味を持ち続けられる仕事だと確信しました。事務所説明会で先輩の話を聞き、単なるサポート職ではなく主体性や柔軟性を求められると感じたこともNO&Tに決めた理由の一つです。

秘書というと担当弁護士との限られた範囲でのやりとりを想像されがちですが、NO&Tではチームで仕事を進めることも多く、案件の忙しさに応じて担当秘書以外の仲間が、ときにはチームを超えて協力しあっている姿がよく見られます。新人の頃に担当した大型案件では、先輩のそのような姿を見て「新人でも何かできることはないか」と考え、些細なことでも自分にできそうなことを見つけ行動することを心掛けました。案件が無事に終了した時、先輩からその行動を評価してもらい、周りを見て気付いたことをすぐに実行することをNO&Tでは大切にしているのだと感じました。
私たちの仕事は、法律の専門家である弁護士が専門性を最大限に発揮して案件に専念できるようサポートすることです。そのことを全員が理解しているからこそ、自分の担当ではなくても協力しようという姿勢に繋がっているのだと思います。
入所2年目に携わった大型案件では、そんな先輩や仲間に囲まれて新人の頃から一歩進んだ大きな仕事ができました。弁護士から労いの言葉をかけてもらい、依頼者からも喜んで頂くことができました。弁護士を通じて間接的に社会に貢献できる仕事、それがNO&Tの秘書の仕事です。

私たちと一緒に、法律事務所で働く新しい秘書の形、“NO&Tモデル”をつくっていきましょう。

人事担当弁護士/犬島伸能

NO&Tでは常に質の高いリーガルサービスの提供を目指しています。そのため、弁護士だけでなく弁護士と協働する秘書にもプロフェッショナルであることが求められます。当事務所は、秘書のプロとして、質の高いリーガルサービスを提供するサポートをしたい、という意欲を持った人と働きたいと思っています。
NO&Tの秘書に求められるのは、協調性と自発性、そして常にスキルアップし続けることです。NO&Tでは、事務所主催の教育研修だけではなく秘書のチーム内での研修や、自発的にスキルアップに取り組み成長していく環境があります。また、職種を越えた異動や役職に就くチャンスもあり、向上心のある方には様々な機会が広がっています。
スキルの高いスタッフに長く働いてもらうことで、職場の専門性、永続性も高まります。他者の意見に耳を傾ける雰囲気のある職場ですので、私たちと一緒に、法律事務所で働く新しい秘書の形、“NO&Tモデル”をつくりましょう。

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる