高級アルコール工業株式会社コウキュウアルコールコウギョウ

高級アルコール工業株式会社

化学工業(化粧品・医薬品添加剤)
業種 化粧品
化学/その他製造/医薬品
本社 千葉

先輩社員にインタビュー

製造部
A.T.
【出身】山形大学  工学部(物質科学工学科) 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 学生時代に学んだ化学の知識を活かした製品の製造
私の所属する反応プロセスは、製造部で最初の工程で、唯一、合成によって製品を製造するプロセスです。
プロセス内では、「多様な原料を扱う仕込みの工程」「機器や計器によって温度調整、監視を行う反応工程」「指定の品質に製品を精製する後処理工程」など、様々な作業があり、それぞれ必要となるスキルも異なります。
反応工程を例とすると、作業のノウハウや設備運転の経験の他に、化学の知識も必要になります。特に化学の知識は製品の状態をチェックするのに重要です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
「ものづくり」をダイレクトに行える楽しさ
原料とは全く性質の異なる製品を作るため、においや粘度など、工程ごとに状態を変えていくのを見るのは、直感的で見応えがあり、直接やりがいに繋がっています。
また巨大な機械を自分の手で動かして製品を作る作業は、現場ならではのダイレクトな「ものづくり」の魅力だと思います。
化学の知識に加え、設備の運転手順、薬剤投入の量やタイミングなど、様々なノウハウが要求されるため、安定した品質を出すのは非常に難しいのですが、作業上での発見やノウハウになる経験の積み上げは楽しく感じます。
一人で初めて仕込みから取出しまでを無事にできた時の達成感は、忘れられません。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 自分の手で化学に携わる工場
大学時代、教授の退官式にて同席された社長と知り合い、この会社を知りました。
その後、化粧品原料がどのように作られるのか興味を持ち、社長にお話をさせていただきました。
私は就活中から元々「化学が好き」「ものづくりがしたい」という思いがあり、化学工場での仕事を希望していました。インターンシップで一度工場を見学し、現場の厳しさや難しさと同時に、自分の手で化学製品を作る達成感に魅力を感じ、入社を決めました。
 
これまでのキャリア 製造部(反応プロセス)、経営企画室(兼務)

この仕事のポイント

仕事の中身 ヒトの美容や健康を支える仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分の生涯したい事を把握し、それができる会社を選ぶことが最も重要だと感じます。生涯したい事を考えるのはとても難しいかもしれませんが、イメージできると常に前向きに仕事ができると思います。
私の場合は、体を使って作業していると辛い時でも気が晴れる事がよくあります。ただ、それを最初からイメージできていた訳ではなく、具体的に気づいたのは就職活動がきっかけです。就職活動は、自分が何をしたいかじっくり自分を見つめ直すうえで絶好の機会かもしれません。

高級アルコール工業株式会社の先輩社員

会社の根幹である化粧品原料の製造

製造部
Y.H.
千葉科学大学 大学院 薬学部薬学研究科(薬科学専攻)

安全・安心・安定・環境に配慮した設備の設計・維持管理

施設管理部
Y.Y
山形大学 工学部(物質工学科)

設備の安全安定稼働

施設管理部
Y.M.
高知工科大学 大学院 工学研究科 基盤工学専攻 物質・環境システム工学コース

他部署との連携や協力が製品作りの重要な要素

品質管理部
K.A.
静岡県立大学 大学院 薬食生命科学総合学府(食品栄養科学専攻)

原材料から最終製品まで品質を管理し、安定した品質の製品をお客様へ

品質管理部
M.K
工学部

製造部の経験が研究職で活きる

技術支援部
R.M.
山形大学大学院 理工学研究科(バイオ化学工学専攻)

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる