新日本海重工業株式会社
シンニホンカイジュウコウギョウ
2024

新日本海重工業株式会社

産業機械設計、プラント設計
業種
機械
プラント・エンジニアリング/機械設計/その他製造
本社
富山
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

新日本海重工業は「産業機械設計」や「プラント設計」を得意とする企業です。

私たち新日本海重工業は、各種プラントに使用される産業機械の設計・製作・据付まで行っている『ものづくり』企業です。
造船業からスタートし、造船で培った鉄鋼材料の加工技術を活かし、産業機械・プラント設備を全国各地に数多く供給しています。取り扱う製品は、焼成炉や造粒機、集塵機、プラント設備など様々です。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

設計から試運転まで一貫したモノづくり

新日本海重工業は産業機械、各種プラントの設計・製造・据付・メンテナンスなどをおこなう会社です。設計から製造、据付、試運転まで一貫して行い、納品後もメンテナンス対応や改造相談なども行います。設計のみ、製造のみといった企業とは違い、業務全体の流れが見える仕事なので非常にやりがいを感じることができます。また、製品の中の一つの部品を作るのではなく、製品全体・装置全体の設計・製造を行う仕事です。自分の手の中で製品が形づくられる設計の醍醐味が詰まった仕事です。

事業優位性

高い技術力と「完全受注生産」の仕事

当社の製品は「完全受注生産」であることから、一つとして同じものはありません。お客さまとの打ち合わせの中で、製品を一つずつ設計し作っていきます。同じものが一つとして無い事から常に新たなものに挑戦する難しさと、新鮮な気持ちで業務取り組める楽しさがあります。また、当社は部品製造や製作依頼を請け負うだけの会社ではありません。設備の設計や技術開発を行い、他社には真似できない高い技術力を持っています。全国各地のプラントに製品を納品し、故障の原因追及や、設備改造の技術検討など、様々な技術的な対応が必要です。学んだ知見をフルに活かし、技術者として考える楽しさを実感する仕事です。

仕事内容

女性技術者も活躍する職場

設計部署、品質管理部署では女性エンジニアも数多く働いており、機械設計・電気設計などを担当し活躍しています。出産や育児などの家庭状況も加味し、業務の負担軽減や就業時間を短くするなどの対応を行っているほか、給与面や休暇面なども法律以上の制度でサポートしています。また、女性社員だけでなく男性社員の育児休業や育児時短勤務制度も、2021年度にお子さんが誕生された男性社員が数名取得されました。育児と仕事の両立を行いやすい環境となっており、女性エンジニアも活躍しやすい職場です。

会社データ

事業内容 ◆セメント製造用、化学工業用、鉱山用、製鉄業用の産業機械・各種プラント装置の設計・製作・据付
◆鉄塔、水圧配管、タンク類および各種鉄鋼構造物の設計・製作・据付
◆各種運搬用および荷役用機械装置の設計・製作・据付
◆船舶の修繕
取扱製品 <回転装置>
ロータリーキルン/パンペレタイザ/ロータリードライヤー・クーラー/ボールミル
<集塵機>
電気集塵機/バグフィルタ/サイクロン/脱硫・脱塩装置
<タンク、容器>
油タンク/水タンク/オートクレーブ
<鉄鋼構造物>
橋梁/水圧鉄管/架台・架構/鉄塔
<クレーン>
天井クレーン/門型クレーン/ジブクレーン
<輸送機>
ベルトコンベア、バケットエレベーター、スクリューコンベア
<プラント・装置>
石灰焼成設備/灰固化設備/産業廃棄物焼却設備/造粒設備/乾燥設備/セメント製造設備
設立 1978年3月
資本金 1億円
従業員数 100~300人未満
売上高 33億300万円(2021年3月期)
代表者 代表取締役社長 眞岩 謙二
事業所 ◆本社
富山県富山市西宮町1番1号
TEL:076-437-9271
◆東京支店
東京都荒川区東日暮里1丁目5番7号三ノ輪ビル4階
沿革
1940年(昭和15年)
日本海船渠工業(株) 設立
日本海沿岸唯一の1万tドックを持つ造船所として創業を開始しました。翌年には甲造船所に指定され、丙型海防艦を8隻を建造することになりました。

1951年(昭和26年)
社名を日本海重工業(株)に変更
新湊の佐賀造船を吸収合併し、日本海重工業として再スタートを切りました。

1954年(昭和28年)
陸上機械事業への進出
小野田セメント(現太平洋セメント)からの支援より小野田セメント傘下に入ります。浦賀船渠(現住友重機工業)と技術提携を結び、機械の製造・改修・据付工事へと進展していきます。

1978年(昭和53年)
日重技研工(株)が設立
日重技研(当社)が設立され、日本海重工業の陸上機械装置などの設計・製作・据付工事を担当

1987年(昭和62年)
造船業の撤退
兼ねてからの造船不況により造船部門の落ち込みが激しく日本海重工業は造船から撤退

1987年(昭和62年)
日重技研工業の社名を新日本海重工業(株)に変更
日重技研工業は日本海重工業から陸上機械・船舶修繕工事に関する業務を全面的に譲り受け、業務を開始

1989年(平成元年)
産業機械、鉄構機器中心の生産ラインを構築するため、工場再編成やNC機械の新設、CADシステムの導入などの第一次合理化に着手

1990年(平成2年)
工場の専用化や塗装工場の新設、天井クレーンの増強、CADシステムの増設などの第二次合理化に着手

1992年(平成4年)
隣接する工場跡地約22,000平方メートルを取得し工場敷地面積82,055平方メートルに拡張

2000年(平成12年)
国際品質保証規格 ISO 9001 取得
適用の範囲及び製品は、鋼橋梁、回転炉(ロータリーキルン・ロータリードライヤ)の設計、開発、製造、据付及び付帯サービス

2006年(平成18年)
北陸最大級レーザー切断機導入

2008年(平成20年)
北陸最大級ベンディングローラー(大型鋼材曲げ機)導入

2011年(平成23年) 
保税蔵置場許可取得(1カ所1,110平方メートル、輸出入一般貨物)

2018年(平成30年)
集塵板ロール成形機導入

2020年(令和2年)
ショットブラスト設備導入
ホームページ https://snhi.co.jp
助成金 富山県理工系学部生対象奨学金返還助成制度 対象企業
技術部署の紹介 ■設計技術部
CADを使用した図面の作成や構想設計、詳細設計など設計・開発の全てを担う部署です。
 ・産業機械、鉄鋼構造物、プラント装置の設計
 ・製品設計の引合、見積もり、仕様に関する事
 ・運転、諸試験の計画、実施、分析、報告に関する事

■生産管理部
製品の製作方法や生産技術など、生産に関する統括的な管理を行う部署です。
 ・総合工程表、製作要領、作業手順書の作成
 ・生産技術に関する業務
 ・部門予算、経費の計画、監理統制に関する業務
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)