大船渡市オオフナトシ
業種 公社・官庁
本社 岩手

先輩社員にインタビュー

総務部税務課
中村 光輝(29歳)
【出身】福島大学  人文社会学群行政策学類 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 土地の固定資産税を決める仕事
私は税務課の資産税係に所属しています。市に納める税金の一つに固定資産税という税金があり、私はその中でも土地に対しての課税の仕事を行っています。税金と聞くと堅苦しく、机上で黙々と計算するイメージがあるかもしれませんが、評価に必要な土地の状況を確認するために庁舎の外に出る機会が多く、服装はほぼ年中作業着です。
 また、土地を評価して課税するだけではなく、亡くなられた方の資産についての調査や、不動産登記の異動情報を課税の基となる課税台帳に反映させる仕事も行っています。
 土地の調査では市内の担当地区を歩いて調査するため、自分の住む町について詳しくなったり、新たな発見があったりする楽しさがある反面、税額や納税義務者を決定する非常に責任のある仕事のため、緊張感をもって仕事に励んでいます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
何十年も残るからこそある、責任とやりがい
一般的に、税金を喜んで支払う方はあまりいないと思います。そのような税金を課税する仕事は、市民の方に喜ばれるようなものではないのかもしれません。だからこそ、間違いのないように現況地目の判断から税額の計算までを行い、市民の方から問い合わせがあった際はできる限り丁寧に説明するように心がけています。その結果「分かりやすく説明してくれてありがとう」といったお声をいただけると嬉しいです。
 また、課税台帳に記載された内容は、私の生まれるずっと前からの先輩方が行ってきた仕事の蓄積によるものです。自分の行った仕事がこの先何十年も残り続けることになるので、責任を感じる一方で、非常にやりがいも感じます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 地元への貢献と子育てしやすい環境
大学時代、私は大船渡市役所を含めて公務員になることは考えておらず、民間企業に絞って就活を行いました。しかし、全国で起こる災害発生のニュースを見ているうちに、震災復興の真っ只中にある地元のために貢献したい、地元で働きたいと思うようになり、大船渡市役所への転職を決めました。
 また、私は入庁と同時に結婚し、現在は保育園へ通う子どもが2人います。夫婦共働きのため、子どもの体調不良による看病で仕事を休んだり、早退したりすることが度々ありますが、そういった休みを取りやすいのが良い点だと思います。さらに、基本的に土日祝日は休みのため、休日に行われることが多い保育園の行事(運動会や発表会等)に参加しやすいことも魅力の一つです。
 
これまでのキャリア 宮城県内のサービス業→災害復興局復興政策課(平成29年度採用)→総務部税務課

この仕事のポイント

職種系統 地方公務員
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

個人の経験からですが、現在就業されている方はなかなか勉強の時間は取りにくいと思います。私の場合、問題集を一つに絞って解き、間違えた場所だけさらにもう一周解く、といった方法を繰り返し行いました。また、通勤中に一問一答タイプの参考書で勉強しました。
 面接に関しては練習する機会があまりないと思いますので、「これは伝えたい」と思うキーワードと、キーワードに肉付けする経験のみ頭に入れておき、本番は面接官の方と会話するイメージで臨みました。

大船渡市の先輩社員

制限文字350文字数では語りつくせません。

協働まちづくり部生涯学習課
松田 ほのか
山形大学 人文社会科学部人文社会科学科

起業、第二創業のお手伝い!

商工港湾部産業政策室
成井 悠祐
青山学院大学 理工学部情報テクノロジー学科

障がいのある方のお手伝いができる仕事

保健福祉部地域福祉課
村上 知歩
明治大学 法学部・法律学科

市民の生命と財産を守る

総務部防災管理室
吉田 健人
岩手大学 教育学部 学校教育教員養成課程

公衆衛生から環境問題まで

市民生活部市民環境課
牧野 瞳
北里大学 海洋生命科学部 海洋生命科学科(学士)→海洋生命科学研究科(修士)

多様な業務の調整役

企画政策部企画調整課
熊谷 祐希
東北学院大学 法学部法律学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる