株式会社間瀬
マセ
2024
業種
食品
その他専門店・小売/外食・レストラン・フードサービス/その他サービス
本社
静岡

私たちはこんな事業をしています

【創業150年。和菓子の老舗】

明治5年に創業した私たちは
和菓子を通し、150年という長い年月をかけて
地域社会への貢献と文化向上に努めてきました。

明治初期に、飴・煎餅・まんじゅうの製造からスタートし
昭和に入り、あんぱん・洋菓子・アイスクリームなど
当時の時代の先端商品へと商品を広げていきました。

今では製造工場2カ所、直売店5店舗を構え
百貨店をはじめ、全国のお客様へ和菓子を提供しています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

明治5年から150年の歴史を紡ぐ、和菓子の専門店

“感謝の心をもって愛される人間になる”。この言葉を社是として、お客様のお役に立つ商いの道にいそしんできた私たち。明治5年の創業当時からの伝統を大切に守りながらも、和菓子の世界に新しい風を吹き込み、いつの時代にも喜ばれる美味しさを追求して参りました。昨今は、生産性や効率化といったスピードが注目されがちではありますが、先人たちから受け継いできたそれらとは相反する価値観・世界観を、これからも大切にしていきたいと思っています。お客様に気軽にお立ち寄りいただき、心豊かな和菓子の世界をご堪能いただけるよう、季節感の溢れる伝統的な和菓子やご贈答菓に加え、喫茶もお楽しみいただけるお店づくりをしております。

事業・商品の特徴

お客様を想い、心を込める

「お母さんの料理には愛情のスパイスが入る」。そんな言葉を聞いたことはありませんか?料理には「子どもたちが元気に育ってほしい」「ごはんを美味しく食べてほしい」といった、お母さんの気持ちが込められており、それらの想いが料理をより美味しくさせるおまじないのような役割を担っています。お菓子づくりもそれと同じ。「お客様に美味しくいただいてもらうために」「笑顔になっていただくために」といった想いで、心を込めて作っています。友達との楽しいおしゃべりの時に、仕事で疲れて元気が欲しい時に、緊張するデートでの食後のデザートに…。様々なシーンで美味しいお菓子を提供できるよう、これからもお菓子づくりを続けていきます。

技術力・開発力

“原材料”と“水”へのこだわり

原材料は、お菓子にとって“命”そのもの。だからこそ、お赤飯のお米は新潟の農家「大橋さん」から、栗あんの栗は静岡県掛川農協から、冬の限定菓『福寿柿』の干し柿は長野県下伊那の農家から、桜葉は伊豆松崎の「小泉さん」から、お団子で使う米粉は新潟の製粉会社から、塩は伊豆大島と沖縄の天然塩…、といったように厳選。お菓子の美味しさは良い原料との出会いで決まります。また、お菓子作りには、“水”も欠かせません。良い水は、原料そのものを引き立ててくれるからです。そのため、水にもとことんこだわりたいという想いから、水の製造機まで特注したほど。量産ではなく、少量の確かな製品を届けるため、こだわりは譲れません。

会社データ

事業内容 和菓子の製造・販売
店舗・喫茶・お茶室の運営
設立 創業:1872年(明治5年)
設立:1953年(昭和28年)11月13日
資本金 1,000万円
従業員数 80名(正社員40名・嘱託社員4名・パート36名)
売上高 6億8,000万円(2019年度)
代表者 代表取締役 間瀬眞行
事業所 間瀬本店:熱海市網代400-1
間瀬網代駅前店:熱海市下多賀170
間瀬咲見町店:熱海市咲見町4-29
間瀬ラスカ熱海店:熱海市田原本町11-1 ラスカ熱海1階
間瀬CAFE:熱海市田原本町11-1 ラスカ熱海2階
間瀬通販部:熱海市網代400-1
間瀬営業事務所:熱海市網代554-7
間瀬山工場:熱海市網代554-7
間瀬本店工場:熱海市網代400-1
主要取引先 三越伊勢丹、高島屋、東海キオスク、伊豆箱根鉄道、星野リゾート、共立メンテナンス
会社HP https://www.mase-jp.com/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)