長生堂製薬株式会社チョウセイドウセイヤク

長生堂製薬株式会社

ジェネリック医薬品製造メーカー
業種 医薬品
本社 徳島
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

品質管理統括部門 本社工場 品質管理部 品質管理課
匿名
【出身】徳島大学  工学部生物工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 安心・安全な医薬品を市場に送り出すため、多種多様な試験を行います
品質管理課では医薬品の品質を守るために多種多様な試験を実施しています。製造中の試験であれば、原料の受入試験、製造工程の検査試験、完成品を確認する理化学試験、包装資材試験や出荷時試験などが例として挙げられます。出荷後であれば、医薬品が使用期限まで定められた品質を保っているか確認するための安定性試験などを行っています。まさに医薬品が患者さんの手に渡る瞬間まで責任を持つ仕事です。
試験の実施以外にも、試験経過やトラブルの内容を正確に記録して文書に残したり、試験中のわずかな異変を察知して迅速に報告・対応したりしています。医薬品が正しく作られているか、試験は手順書に定められた通りに行なわれているかを厳しく管理することで、高品質で安全な医薬品を市場に送り出し、患者さんのもとへ届けることができるのです。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
数々の試験を通過した医薬品が、実際に薬局で使われているのを見た時
既存の医薬品以外に、何か変更があった場合や、新しく製造が始まる医薬品に関しては、検討試験を行います。試験結果は何度やっても同じ結果が出る再現性が必要です。品質が良くない医薬品が万が一にも市場に出回ることがないよう、未然に防ぐことも品質管理の重要な業務といえます。試験中に何か変化がないか、品質に影響はないか、期待通りの結果が出るかを繰り返し検証し、正しい結果が得られた時にはホッとします。
試験がうまく進まないときもありますが、検討試験が無事終了し、自分の携わった医薬品が製造されて出荷の試験を行うフェーズに入った時の達成感はひとしおです。自分が患者さんとして薬局に足を運んだときには、自分が関わった薬を処方されることも。薬が世の中に出回り人の役に立っているのだと実感し、やりがいを感じる瞬間です。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 先輩社員の座談会を通じて、自分が働いたときのイメージが描けたから
就活が始まる以前から、理化学試験に携わる仕事をしたいと考えていた私。今後の需要が拡大するジェネリック医薬品に興味を持ちました。自分が製造に関わることで多くの患者さんの役に立てる仕事はとても魅力的に感じたのです。就職活動ではいくつかの医薬品メーカーに足を運びました。会社説明会や工場見学、先輩との座談会に参加し、自分が実際に会社の一員として働くイメージをはっきり描けたのが当社でした。職場で互いに協力し合って試験をしているという先輩社員の話も親しみを感じた要素です。医薬品は人の命に係わる責任ある仕事ですが、仲間と協力し互いに高めあえる職場であれば頑張れると思いました。また、生まれも育ちも徳島の私にとって、慣れ親しんだ地元で働きながら全国に医薬品を届けて貢献できるという事業の在り方も魅力でした。
 
これまでのキャリア 品質管理課

この仕事のポイント

職種系統 生産管理・品質管理・メンテナンス
仕事の中身 ヒトの美容や健康を支える仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しい動きに敏感になり、幅広い知識が身につく仕事
特に向いている性格 段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

先入観や特定の情報だけで業種や職種を絞らず、広い視野で企業を見て回ってください。特に職場の雰囲気は自分自身の目で確かめた方が最終的な納得感があります。可能な限り色々な企業に足を運んでたくさんの人に話を聞けば、就職の軸も定まってくるものです。私自身も医薬品以外に食品、化粧品業界の品質管理を見てから、自分の進む道を再確認しました。自分が就職する予定のない業界で得た知識も意外なところで役立つため、決して無駄にはなりませんよ。

長生堂製薬株式会社の先輩社員

医薬品の品質を守るために製造工程全体の品質をチェック。

品質管理統括部門 本社第二工場 品質管理部 品質保証課
匿名
徳島文理大学 薬学部 薬学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる