佐伯重工業株式会社
サイキジュウコウギョウ

プレエントリーとは、「御社に興味があります」という意思表示です。エントリーシートの提出締切や説明会・面接開催情報を企業から受け取ることができます。

佐伯重工業株式会社

造船業(フェリー、貨物船など)/尾道造船グループ
※現在、「プレエントリー」または「説明会・面接」の申し込みは受け付けていません。
  • OpenES
  • 正社員
業種
輸送機器
本社
大分

私たちはこんな事業をしています

【秋採用】9月より採用スタート!

尾道造船グループの一員として中型船舶を中心とした造船を手がけている当社
「中型船の佐伯ブランド」として業界では高い認知度を誇っています。
現在は、ロールオン/ロールオフ貨物船(RO/RO貨物船)、プロダクトケミカルタンカー等
付加価値の高い大型船舶づくりにも積極的に取り組んでいます
今後もお客様の高い要望にも応えられる造船技術を強みに、造船づくりに情熱を捧げていきます

当社の魅力はここ!!

事業優位性

「中型船の佐伯ブランド」として、高い認知度を誇ります。

海事都市・大分県佐伯市で設立して以来、30年以上にわたり中型船舶を中心とした造船を手がけている当社。「尾道造船グループ」の一員として、さまざまな用途や積荷に応じた性能を実現できる高い造船技術を発揮しています。特にバルクキャリア(ばら積み貨物線)では業界で高い認知度を誇っており、国内外の多くのバルクキャリアづくりに携わっています。今後も「中型船の佐伯ブランド」として、世界で活躍する船舶づくりに取り組むとともに、ロールオン/ロールオフ貨物船(RO/RO貨物船)、プロダクトケミカルタンカーなど付加価値の高い大型の造船にも積極的に取り組んでいきたいと考えています。

仕事内容

チームワークを大切に、スケールの大きな造船に取り組んでいます

私たちが主に手がけるのは3万7000トン~6万トンの中型船。造船業界では「中型」と言われていますが、モノづくり全体で見るとスケールとしてはかなり大きなものだと思います。船の建造は一人ひとりの技術の結集があってこそ完成するので、造船においてはチームワークが最も重要なもの。年次や部署関係なく、みんなで協力し、船をつくり上げる達成感と面白さは、当社ならではの醍醐味だと思います。今後も、これまで培ってきた技術やノウハウを若手に受け継ぎながら、個人の技術力の底上げを図り、国内外で活躍する多くの船舶づくりに携わっていきたいと思います。スケールの大きなモノづくりに携わりたい方は、ぜひエントリーください!

社風・風土

顧客満足度向上を目指し、挑戦し続ける風土が根付いています

長年のバルクキャリアで蓄積してきた技術を応用し、貨物線、フェリー、大型船などさまざまな船舶づくりに積極的に挑戦している私たち。なかでも、RO/RO貨物線「わかなつ」は、車輌を運ぶ際に船内に固定するラッシングという機能を業界に先駆けて自動化し、日本船舶海洋工学会のシップオブザイヤー2006を受賞しました。これからもさらなる挑戦を続けていくために、私たちが大切にしているのが「部署間の連携」。一人ひとりが欠かせない存在であると考え、社歴や役職に関係なく、協力し連携することを心がけています。結果、風通しの良い風土が醸成され、気軽に何でも相談しやすい環境となっています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

【生産管理職】
船製造の各工程における工程管理者として活躍していただきます。
社員に仕事の指示を出し、計画通りに建造を進めるためにの司令塔のような役割です。

【設計職】
船の強度や構造を決める基本設計や船の詳細図面を決める船殻設計、
クレーンなど船に装備する設備や電気設備を担う船装設計などを担当。

※どちらの職種も入社後3ヶ月は「大分地域造船技術センター」にて研修を実施します。

会社データ

事業内容 造船業
・バルクキャリア
・ロールオン/ロールオフ貨物船(RO/RO貨物船)
・ケミカルタンカー
・フェリー
設立 1988年8月29日
資本金 9000万円(主要株主:尾道造船株式会社、アサカ興産株式会社、朝日産業株式会社)
従業員数 167名(うち外国人実習生27名/2023年9月現在)
売上高 60億円(2021年度実績)
代表者 代表取締役 竹中 浩
事業所 大分県佐伯市鶴谷町2-5-37
沿革 1988年8月/佐伯重工業株式会社を設立
1989年7月/尾道造船よりの委託契約船第1号22000MT LOG/BULK CARRIER「KEN WOOD」竣工
1992年4月/RO/RO・フェリーを5隻連続建造し、竣工
1995年6月/22000MT LOG/BULK CARRIER 第25船「BERNES」竣工
1995年8月/当社初の2重外板23,000 MT LOG/BULK CARRIER 第1船「KEN YO」竣工
1998年3月/当社初の2重外板HOLD BOX 形状31,000 MT LOG/BULK CARRIER 第1船“ASTRO ACE”竣工
2000年3月/当社初の全HOLD OPEN HATCH 形状31000 MT LOG/BULK CARRIER 第1船「TETE OLDENDORFF」竣工
2002年8月/第20船目31000 MT BOX TYPE BULK CARRIER「UBC SAIKI」竣工
2002年11月/研掃工場完成、ブロックでのブラスト磨き、塗装工事開始
2003年8月/第1船目40000MT PRODUCT CHEMICAL TANKER「MOUNT FUJI」竣工
2004年12月/第1船目38000MT OPEN HATCH TYPE BULK CARRIER「UBC TAMPICO」竣工
2006年3月/第1船目37000MT OPEN HATCH TYPE BULK CARRIER「REGINA OLDENDORFF」竣工
2006年9月/佐伯重工業 建造100隻目 6000MT RO/RO貨物船「わかなつ」竣工
2006年11月/尾道造船 委託建造船 100隻目40000MT PRODUCT CHEMICAL TANKER「MOUNT KARAVA」竣工
2007年7月/RO/RO 貨物船「わかなつ」が日本船舶海洋工学会のシップオブザイヤー2006 受賞
2009年2月/当社初のボール進水第1隻目となる31,600MT
SHAPED TYPE LOG/BULK CARRIER「TEQUILA SUNRISE」進水
2009年4月/第1船目37,000MT OPEN HATCH TYPE BULK CARRIER「REGINA OLDENDORFF」竣工
2011年4月/本社事務所棟新築
2011年5月/大型の300tジブクレーン(左舷)の導入
2011年11月/第二研掃塗装新設(PSPC基準およびブロックの大型化対応型新工場)ブラスト磨き、塗装工事開始
2013年1月/66kV特高受電設備の導入
2015年5月/1号岸壁にて7770立法メートル埋立・整備
2015年5月/船台を長さ237.3m、幅35.5mへ拡張
2016年5月/客船「フェリーしまんと」が日本船舶海洋工学会のシップオブザイヤー2016大型客船部門賞受賞
2017年1月/第1船目60000MT BULK CARRIER「NORD KITAN」竣工
2017年2月/大型の2号300tジブクレーン(右舷)の導入
2017年3月/形鋼自動切断機の新規追加導入
会社HP https://saiki-shi.co.jp/

連絡先

佐伯重工業株式会社
〒876-0811
大分県佐伯市鶴谷町2-5-37
採用担当:人事課/小野
TEL:0972-22-3331
E-mail:k.ono@saiki-shi.co.jp
掲載開始:2023/09/14

佐伯重工業株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

佐伯重工業株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリー候補数が多い企業ランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

※リクナビ2024における「プレエントリー候補」に追加された件数をもとに集計し、プレエントリーまたは説明会・面接予約受付中の企業をランキングの選出対象としております。

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)