株式会社宮城ニコンプレシジョンミヤギニコンプレシジョン

株式会社宮城ニコンプレシジョン

ニコン100%出資/FPD露光装置/半導体露光装置
業種 精密機器
半導体・電子部品・その他/その他製造
本社 宮城

先輩社員にインタビュー

匿名
【出身】東北工業大学  工学部 情報通信工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 FPD露光装置搬送系ユニットの開発・設計(ソフト開発)
入社2年目、そして開発部1年目ということもあり、現在自分一人に預けられているタスクはありません。いずれ一人でタスクをこなしていくために先人達の膨大なソースコードを時間をかけてトレースし、動きを理解することが現在自分の行っているタスク(仕事)になります。入社一年目はなにをしていたんですか?ということになると思いますが、一年目では精密機器部・第二製品課というところで実際に自分がソフト開発をする製品(ハード)を学ぶために製造現場で実習を行っていました。製品の動きを知っていると、ソースコードの理解がはやいと現在実感しています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分のペースで学んでいける
まず理不尽な仕事や要求はありません。最初はソースコードに慣れていくために初歩的な課題から与えられ、少しずつレベルアップした課題になっていきます。自分の上司が誰かOJTの人が誰かということで変わることではありますが、しっかりと1からスキルを教えてくれようとする姿勢が伝わってきます。社員一人一人に上司がカウンセリングする時間もあり、常に社員の状況を理解しようと努力し、不満をできるだけ少なくしよう・改善していこうとしている職場です。それは居心地の良い職場(オフィス)につながり、仕事のしやすさにつながります。現在では、このことに強くメリットを感じ、この会社で良かったと思います。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 世界を相手に仕事をしている
私は特にやりがいを第一に考えて会社を探しており、結論いまの会社が一番やりがいあると感じたため選びました。世界と競い合える技術があることに魅力を感じ、自分もその一人として働きたいと会社説明会を通して思いました。加えてグローバルレベルの開発競争は大きな責任であり、大きな達成感につながる。そんな大きな仕事をしたいと思っていたことも決めてのポイントです。
 
これまでのキャリア 入社(4/1) → 総務(一ヶ月間) → 精密機器部・第二製品課(約一年間) → 開発部・第二開発課(現職 : 一年目)

この仕事のポイント

職種系統 機械・電機・電子機器設計
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 忍耐力と集中力が必要な仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

面接が重要、企業は入社時点のその人のスペックの高さを求めているのではなく、しっかり会話のできる人材を求めていると思います。つまりコミュニケーション能力です。他人の意見を理解し、自分の意見を言えることが一番大切で難しいことです。普段から友人・バイト先の世代の違う人などとの会話を疎かにしないことが就職活動(面接・企業説明会)の時に活きると思います。

株式会社宮城ニコンプレシジョンの先輩社員

FPD露光装置搬送ユニットの開発・設計(図面作成)

開発部 第一開発課
匿名
仙台高等専門学校 精算システム工学科

FPD露光装置の開発・設計

開発部 第一開発課
匿名
東北学院大学 工学部 機械工学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる