古川計装株式会社コガワケイソウ

古川計装株式会社

建設/計装/設計/施工/メンテナンス/エンジニアリング/IT/IoT
業種 建設
建設コンサルタント/設備・設備工事関連/電力・電気/ソフトウェア
本社 東京

先輩社員にインタビュー

システムエンジ部
中山 智貴(26歳)
【年収】非公開
これが私の仕事 竣工までの最終調整を担う、工事における“最後の番人”
システムエンジ部で、現場の機器の最終調整や仕上げを行っています。施工を担当する技術部からバトンタッチを受けて、『システムを設定し、いつでも使える状態までもっていく』『正常に作動するかテストする』など、いわば現場における“最後の番人”ともいえるポジションです。これまでの工程で万一ミスがあった場合、発見・対応できるラストチャンスなので責任重大ですね。そのため、この仕事に向いているのはちょっとしたことも見逃さないある意味“心配性”な人。「どんどん先へ進めたい」「何回も確認したから大丈夫!」ではなく、たとえ9割方安心といわれても、あと1割の『もしも』を考慮できる…そんな姿勢が重要だと思います。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
竣工後の立派な姿が、次へのモチベーションになっています
建物は長く残っていくものですから、竣工後にその姿を見ると「自分の関わったものが、このビルの中にあるのか!」と感慨深く、モチベーションにつながりますね。そのため、新たな工事を迎えたとき、たとえ大変だったとしも「今やっている案件だって、いつか立派に完成するんだから頑張ろう」と思えてきます。現在はOJTとして先輩に同行し、現場を担当しています。
様々な分野の職人の方々や協力会社の方々と一緒になって建物を造り上げていく体験は、忙しくも格別な体験。竣工したときはもちろん、やったことのない作業を初めて任せてもらったときなど、日々の仕事でも嬉しさを感じる機会が多くやりがいある仕事だと思います。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き オープンな管理体制と、“当たり前のことを当たり前に”整備された組織
私が会社を選ぶときに軸にしていたのは、勤怠管理がちゃんとしているか、法令をきちんと守っているかなど企業としての“当たり前”が守られているかという点でした。
そうした軸で転職活動をしていたため、当社の選考を通じて勤怠管理や制度運用、社員の働き方に関する考え方等を伺うことができたことも入社の決め手になりました。また、入社後の配属では、最大限社員の希望を優先してくれる技術者ファーストの姿勢も。社内制度の透明性・柔軟性も大きな魅力ですね。
 
これまでのキャリア 入社→システムエンジ部配属

この仕事のポイント

職種系統 システム運用・保守
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

「一社決まったからいいや」ではなく興味関心を突き詰めること、入社後のことも含めて考えることが重要だと思います。後々「やりたかった業務につけない」「説明会では聞いていなかった」とならないためにも、配属決定の基準などきちんと確認しておくことをおすすめします。少々気兼ねするかもしれませんが、しっかりした会社ならば教えてくれるはず。会社の規模や業界に捕らわれずにやりたいことを明確にして、それが本当に実現できる会社かどうかを見極めていきましょう。

古川計装株式会社の先輩社員

今やどんなビルの中にも“必ずある”「計装」のメンテナンス担当です

システムサービス部  (2018年度時点)
青柳大介

計装のメンテナンス業務を担っています

システムサービス部 (2019年度時点)
佐藤暁久

スケジュール調節や安全管理などで工事を支えるブレーン役

技術部
浅妻 純弥

ビルの中枢である制御システムの保守・メンテナンスを行っています

システムサービス部
古沢 直樹

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる