株式会社富士テレネットフジテレネット

株式会社富士テレネット

テレビ静岡グループ
業種 放送
広告
本社 静岡

先輩社員にインタビュー

制作部
村田怜子(23歳)
【出身】青山学院大学  文学部英米文学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 持てるもの全てで“メッセージ”をわかりやすく伝える
「くさデカ」や「ただいま!テレビ」など、テレビ番組を制作するのが私の仕事です。…と言われても、わかったようでわからないのが『制作』ではないでしょうか。簡単に言うと、台本を書いてロケをして編集する部分を担う仕事です。どういう言葉でどういう演出で伝えるのか、どんな映像で魅せるのか。“伝えたいことを最もわかりやすく伝えるにはどうしたらよいか”を常に考え続ける仕事です。マニュアルもないけど正解もない。だから、たとえば私のような経験の浅い人でも、やりたいことさえしっかり持っていればアイデアを形にできる、そんな仕事だと思います。日々学びがあって新鮮で飽きが来ない、そしてやればやるほどのめり込んでしまう面白い仕事です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
“つながり”がつくる作品のあたたかさ
私がこの仕事を好きな理由、それはなんといっても「人とのつながり」にあります。番組が扱うテーマは様々なので、仕事で関わる方の職業も十人十色。厨房で料理のこだわりを見せていただいたり、電動自転車旅の楽しさを教えていただいたり、最近注目の住宅についてお伺いしたり…と、普通に生活していてはなかなか関われないような方と深く関われるのも大きな魅力だと思います。また、取材先の方だけでなく、タレントの方とやり取りをするのも『制作』の仕事。AD1年目で慣れていないこともあってとにかく大変だったロケで、ご一緒したタレントの方に「一緒に仕事ができて良かった。ディレクターになったらまた僕を使ってね。絶対行くから!」と言っていただけたことは今でも私の支えになっています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 映像の質も会社の雰囲気も“一つのチーム”だからこそ
番組作りで関わりがあるのは取材先の方・タレントの方だけではありません。営業とのやり取りがあって番組作りがスタートし、ロケの時にはカメラ・音声・照明などの技術スタッフがいてこそ撮影ができます。その後は編集マン・テロッパー・音効スタッフがいるからこそ、より良い作品を世に出すことができます。どれか一つでも欠けていては良い番組作りはできません。この会社にはその全てが揃っているので、思うような作品が作りやすいと思って選びました。もちろんそれも事実なのですが…アットホームな温かい雰囲気がいいなと感じたのが、実は私がこの会社を選んだ一番の理由です。今思うと、全員が一つのチームだからこそ出せる雰囲気だったのだと実感しています。
 
これまでのキャリア ディレクター業務・AD業務

この仕事のポイント

職種系統 編集・制作
仕事の中身 生活にプラスアルファな喜びや潤いを提供していく仕事
仕事のスタイル 機敏なフットワークと行動力が必要な仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 新しい動きに敏感になり、幅広い知識が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

“やりたいこと”にはとにかくまっすぐに、うまくいかなくても決して諦めずにいることが何より大事だと私は思います。就職活動の時も、そして働き出してからも“やりたいこと”は絶対に大きなエネルギーになるはずです。この仕事は特に、アイデアや気配りなど、経験以上にその人そのものが生かされる仕事だと感じます。だから、変に作りこんだりせずに、なぜその仕事がやりたいのか・そこで何をしたいのかをきちんと伝えられれば大丈夫だと思います。頑張ってください!

株式会社富士テレネットの先輩社員

お客様に合った広告プランを提案しクライアントとユーザーを結びつける

営業部
濱島利輝
関東学院大学 人間環境学部 現代コミュニケーション学科

照明で映像のクオリティを持ち上げます!

技術部
土戸真美
日本大学 芸術学部演劇学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる