株式会社マツモト
マツモト
2023

株式会社マツモト

スーパーマツモト/食品/接客/小売業
業種
スーパー・ストア
外食・レストラン・フードサービス/商社(食料品)/食品/その他専門店・小売
本社
京都
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

マツモトは京都生まれのスーパーマーケット専門企業です。
京都に特化し、地域密着型の店づくりに全力で取り組んでいます。

「京都の人々にとって身近なスーパーになりたい!」が私たちの合言葉。
消費者ニーズと時代の変化をつかみながら【時代に合わせた店づくり】を追求しています。

※京都府下のスーパー食品販売シェア2位
※21期連続増収・無借金経営

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

京都一を目指す=クオリティー日本一を目指す!

私たちが目指しているのは、日本一ではなく、京都一。単に売り上げだけを意味するわけではありません。商品の質・サービスの質を含めた京都一を目指しているのです!!『食文化に誇りを持つ京都』で食料品が認められる事、『おもてなしの町京都』でサービスが認められる事は、クオリティー日本一になることを表しているのです。マツモトは江戸時代から京都の食を支えてきました。260年以上が経った今もなお、マツモトは、京都で最も信頼されるスーパーマーケットとして、地域社会から末長く支持される企業になりたいと思っています。

事業・商品の特徴

生産者の顔が見える商品&地産地消

マツモトは、より良い商品を、より安い価格でお客様に提供するために、実際に全国の農家をまわり、独自のルートでこだわりの商品を仕入れています。そして、お客様の「安心」を得るために、生産先の農家から安価で仕入れるだけでなく、どんな農家の方が生産しているのかも併せてお客様に提示しています。また地産地消として、京都の食材や酒の仕入れ・販売も積極的に行い、食を通じて地域に貢献しています。さらに、マツモトは京都の食文化を題材に、あらゆる商品を自社開発しています。なかでも秋祭りで販売するマツモト名物の鯖寿司は1日に200本以上売れる超人気商品です!その他の商品も多くのお客様から高い評価を得ています。

魅力的な人材

チェッカーフェスティバル(AJS主催)で優秀賞受賞!

マツモトでは、レジ技術はもちろん、臨機応変な接客ができる「応用力」や、笑顔や温かさを自然に表現できる「好感」という総合的なホスピタリティを大事にしています。AIなどの技術が進む時代だからこそ、人間にしかできない臨機応変な対応力やコミュニケーション力が求められています。またお客様に気持ちよくご来店いただけるよう、出場者・参加者あわせ総勢700名以上が集う、オール日本スーパーマーケット協会主催の『チェッカーフェスティバル』に、毎年参加しています。当社は15回大会中10度の【優秀賞】を受賞!!創業以来続けてきた【まごころ込めた接客】に磨きをかけ、他社との差別化することを企業戦略にしています。

会社データ

【新型コロナウイルス感染症への対応】 今年度セミナーは、感染リスクを考え下記を実施させていただきます。
・会場入り口で、アルコール消毒液を設置します
・セミナー会場の机は、除菌シートで拭いています
・来社に不安のある方は、個別に電話にて面談等の相談に応じます
・開催側の弊社社員もマスクを着用の上、運営させていただきます

学生様の安全第一を考え開催させていただきます。何卒、ご了承ください。
設立 1951年3月
資本金 9800万円
売上高 534億円(2019年2月期)
売上高推移 決算期      売上高(単位:百万円)
────────────────────
2009年2月    38,300  前年比
2010年2月    41,700 (8.9%増)
2011年2月    43,300 (3.8%増) 
2012年2月    44,600 (3.0%増)
2013年2月    44,700 (0.2%増)
2014年2月    45,400 (1.6%増)
2015年2月    46,000 (0.1%増)
2016年2月    48,000 (4.3%増)
2017年2月    49,300 (2.7%増)
2018年2月    51,900 (5.2%増)
2019年2月    53,400 (2.9%増)
2020年2月    53,500 (0.2%増)
取引銀行 三菱東京UFJ銀行、商工組合中央金庫、京都銀行、京都信用金庫ほか
従業員数 正社員:453名(男366、女87)
パート・アルバイト:2,347名  ※2020年10月現在
代表者 代表取締役社長 松本 隆文
事業所 本社/京都府亀岡市

店舗/24店舖(京都23、大阪1)

物流センター/1カ所
沿革 1951年   食品問屋として株式会社マツモトを設立
1955年   京都府下初のセルフサービス店として紺屋町店を開設
1961年   スーパーマーケット第1号店として安町店を開設
1978年   本部ビル完成。6号店中央店開設
1984年   大井店ショッピングセンター開設
1994年   ベルタウンそのべショッピングセンター開設
1997年   京都北部地域の綾部市に進出。あやべ店開設
1998年   亀岡市内に千代川店を開設
1999年   京都市内に進出、京都市内第1号店【上桂店】を開設
2000年   京都市内2号店【大原野店】を開設
2000年   亀岡市内に【荒塚店】を開設
2002年   京都市内3号店【伏見店】を開設
2004年   WEB発注システム完成
2005年   京都市内4号店【五条店】を開設
2005年   向日市内に進出、【向日店】を開設
2006年   新勤怠システム導入
2007年   新商品分析システム導入
2008年   新発注システム導入
2009年   京都市内5号店【新丸太町店】を開設
2010年   京都市内6号店【洛南店】を開設
2011年   京都市内7号店【西小路御池店】を開設
2012年   京都市内8号店【桂東店】を開設
2015年   京都市内9号店【北山店】を開設
2016年   長岡京市内に進出、【長岡京店】を開設
2017年   宇治市内に進出、【宇治西店】を開設
        大阪府に進出、大阪府内1号店【くずは北店】を開設
2018年   宇治市内に2号店【宇治小倉店】を開設
2019年   京都市内10号店【桂川店】を開設
平均年齢 35.7歳(男性37.3歳 女性28.6歳)
事業内容 食料品の販売を中心としたスーパーマーケットの運営
「生鮮食料品」:(鮮魚・精肉・青果)
「一般食料品」:(食品・日配・菓子・酒・雑貨等)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)