仙台小林製薬株式会社センダイコバヤシセイヤク

仙台小林製薬株式会社

電気・電子/機械/設計/CAD/生産技術/薬事
業種 化学
機械/医薬品/その他製造
本社 宮城
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

生産部
Y.T(28歳)
【出身】石巻専修大学  理工学部 機械工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 タフグリップ群の生産・機械メンテナンス、ライン運営を行なっています。
製造ラインにおける機械のメンテナンスや、効率的にラインを動かす為の指示や管理を行なっています。日々いかに簡単に効率良く、製品を作れるラインにしていくのかには、終わりがありません。もっと良い方法はないかを常に考える、何かトラブルが起きた時に、原因を正確に把握し、同じことが起こらない様に対策を打つ、その積み重ねがこの仕事には求められます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分だから出来ること、を実感出来た瞬間。
大げさかもしれませんが、自分だから出来た、と実感出来た瞬間や、自分の仕事が現場の方に与える影響の大きさを実感出来る瞬間は、この仕事の醍醐味だと思います。例えば、工場のラインでは、製造するものを変更する際、「ラインの切り替え」作業が発生します。それは一つ一つの機械の設定・ラインの調整を行ない、異なる商品の製造に対応させる作業です。実はこの作業、微調整が合っていないと製品に不具合が発生し、ラインを止めて調整しなおす必要があります。生産量にも影響がある作業なので、早くかつ正確に行なうことが求められる作業です。今ではスタッフの方から「千葉さんがやったなら大丈夫でしょ」と言って頂くことも。それは本当に嬉しいですね。これからはより多くの分野で「千葉さんがいれば大丈夫」そう言われる様になることが目標です。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 理想としている技術者像が、ここにあったから。
実ははじめ、何気なしに会社説明会に参加しました。しかし、そこで見た会社風景や現場がこの会社に入りたい!と思ったきっかけになりました。ちょうど工場見学をした時に、ラインを止めて、機械の調整を行なっているタイミングで、ラインスタッフの方々と原因の説明や、今後の仕事の進め方を話しているところでした。私も機械工学を専攻していたので、将来技術者として働きたいという思いはありましたが、ただの技術者ではなく、「みんなから頼られる技術者」「あの人に聞けば大丈夫」そんな技術者像を目指していました。そう考えていたときに、実際に専門知識を持った技術者として現場を動かしている様子を目の当たりにして、こういう仕事がしたい!と思い、入社を決意しました。
 
これまでのキャリア 生産部 許可品製造グループ(現職・2年目)

この仕事のポイント

職種系統 生産・製造技術開発
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 何人もの人を動かすリーダーシップが問われる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 最後まで自分でやらないと気がすまない人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

ありのままの自分を受け入れてくれる会社を探す事が大切だと思います。偽った自分で内定をもらったとしても、その後も偽った姿でいなければならず長続きはしないと思います。本心で自分の事を受け入れて、飾らずに向かっていくことが大切だと思います。実際に私は現在、自分にこの仕事が向いていると思って仕事をしています。向かないと思ったら続けることは難しいと思います。皆さんも、飾らずに企業と正面からぶつかって下さい。

仙台小林製薬株式会社の先輩社員

芳香剤生産における業務(作業)効率化の提案。

生産部
R.K
岩手大学 工学部

トイレ用洗浄剤製造のライン運営や設備メンテナンスを行なっています。

生産部
A.I
岩手大学 工学部 福祉システム工学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる