十一房印刷工業株式会社ジュウイチボウインサツコウギョウ
業種 印刷関連
出版/広告
本社 東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

営業企画部
長沼 弘子(26歳)
【出身】学習院大学  文学部 日本語日本文学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 保険パンフレットの受注・進行管理
大学生の加入する保険パンフレットの受注・進行を行う専用営業チームに所属しています。この保険パンフは、全国1,000校以上の大学で使用されており、それぞれの大学用に内容の違うものを作成します。各地のクライアント(保険会社の担当者)とやりとりを重ね、パンフの注文やレイアウトの修正指示をもらいます。
件数が多いうえに、パンフレットごとに部数や納品日が違うため、スケジュール管理が特に大切な仕事です。クライアントには、「この日までにデータのチェックをして返事をしてほしい」等、「いつまでに」「何を」してほしいか伝えるよう心がけています。たくさんの件数をこなすのは大変ですが、その分やりがいの多い仕事です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
クライアントの手助けができたとき
クライアントから、「助かりました!」と言われたことです。保険パンフの受注は、管理する件数が多いため、どうしても効率重視の作業となります。ですが、その中でも、クライアントの要望や必要となる情報をくみ取って手助けをできたときや、感謝のことばをいただいたとき、良い仕事ができたと思う瞬間です。
さて、もう一つ嬉しかったことがあります。大学生の弟が「学校で配られた」と言ってパンフを持ち帰ってきたときです。自分の携わったものが、実際に製品を使う人のところまできちんと届いたのだ、と実感しました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 手厚い研修で基礎を固める
入社1年目に受ける研修が手厚い!という点です。
入社して約2か月ほどは、印刷やプリプレスの基礎を学ぶ研修期間です。知識を頭に入れることももちろんですが、手を動かしながら身につくまで学んでいきます。本番のプリプレス業務に入る前は、先輩社員にマンツーマンで作業をチェックしてもらうテストを何度か行います。本番と同じような環境でプリプレス作業の練習を繰り返し、疑問点・不安な点をつぶしていくことで、実際の仕事をもらったときにしっかりこなせるように準備できます。
また、2年目以降の社員も、継続して研修を行います。最近は、製品のレイアウトについて協議し、エンドユーザー目線で見たときに興味を引く・より使いやすい製品にする研修を行っています。常にユーザーの目線に立って製品を考える意識をさらに磨いています。
 
これまでのキャリア 1年目はプリプレス部でスタートしました。9月頃から営業企画部へ異動し、営業事務のいろはを学びました。
2年目の後半から、大学保険パンフの受注・進行がメインの仕事となりました。

この仕事のポイント

職種系統 営業(企業向け・得意先中心)
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

「自分が何をしたいのか」を考えることです。私は当初、「本が好き」という理由で出版業界を志望していましたが、就活を進めていくうち、自分の興味は別のところにあると思い始めました。深く考えてみると、出版物の「内容を考える」より、「レイアウトや読みやすさについて考える」ほうが好きだと気づき、印刷会社に志望を変更しました。就活がうまくいかない、気分が乗らない……というときは、一度立ち止まって、自分が何をしたいか考えてみるとよいかもしれません。

十一房印刷工業株式会社の先輩社員

お客様の望みを汲みとる

プリプレス部
家永 楓
早稲田大学 文化構想学部 文芸・ジャーナリズム論系

印刷用データの修正、組版、名刺組版の管理業務

プリプレス部
石井 裕樹
東京大学 文学部 哲学科

お客様とスタートからゴールまでずっと一緒

営業企画部 兼 プリプレス部
星野 大樹
日本大学 芸術学部 文芸学科

会報誌の作成・進行、印刷用データの組版など

プリプレス部
藤森 聖太
早稲田大学 文化構想学部

複雑な作業を単純化・効率化する自動組版プログラムの作成

情報管理部
鈴木 大河
法政大学大学院 人文科学研究科英文学専攻

印刷用データの修正、組版、名刺等出力、採用関連の管理作業

プリプレス部
黒沢 愛子
慶応義塾大学 文学部 人文社会学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる