北海道文化放送株式会社ホッカイドウブンカホウソウ
業種 放送
通信
本社 北海道
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

技術局 放送システム部
越智 実咲(30歳)
【出身】北海道大学  工学部 情報エレクトロニクス学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 放送局で働く人たちをITで応援する!
情報システム業務は、社内のパソコン、ネットワーク、サーバー、業務システムなどを運用・管理する仕事です。パソコンやITサービスは、仕事を進めるうえでなくてはならないツールになりましたが、一方で、ウイルス感染をはじめとするサイバー攻撃も進化しています。セキュリティ対策をしながら、より便利な環境を提供できるよう日々情報収集しています。
放送局でのこの仕事の特徴は、「営放システム」と呼ばれる基幹システムを扱うことです。営業・編成・送出など放送に関わる多くの部署で使用されるため、業務の流れやシステムを理解する必要があり、問い合わせ対応も様々です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
働く人たちの直接の声を聞ける
情報システムの仕事は「社内SE」とも呼ばれるように、社内からの声を聞いてシステムやサービスに反映していく場面があります。社内のパソコンをデスクトップからノートパソコンに更新しWi-Fiを整備した時には、嬉しい言葉をかけてもらうことも多く、業務効率化に貢献できたかな?と実感できました。様々な制約の中ですべての声を実現することは難しいですが、時代の流れに合わせて、働き方改革やさらなる効率化にITの面から力になりたいと考えています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 自分を出して会話ができたこと
私が就職活動を通して感じたのは、たった数回の面接や試験でも、会社によってそれぞれ雰囲気が違うということです。面接はとにかく緊張して毎回具合が悪くなるほどでしたが(笑)、それでも自分のことを素直に話せる雰囲気で、面接官としっかり会話ができたことが「縁」につながったのではと思います。
 
これまでのキャリア 入社以来、放送を24時間365日監視する「マスター監視業務」、放送運行データを作成する「放送準備業務」を経験しています。途中、産休・育休を取得し、今は同僚・上司・家族に協力してもらいながら働いています。

この仕事のポイント

職種系統 システム運用・保守
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事で身につくもの 新しい動きに敏感になり、幅広い知識が身につく仕事
特に向いている性格 段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

「一緒に働きたい」とお互いに感じられること、相手を知り、自分を知ってもらうことが大事だと思います。様々な会社の人と話せることや、インターンシップでの体験は学生の特権です。
また、面接で自分をしっかり伝えるために、鏡を見て話す練習がおすすめです!自分を客観視できて、時には癖を見つけたりもできます。
UHBに縁を感じて、一緒に働きたいと思ってもらえたらうれしいです!

北海道文化放送株式会社の先輩社員

TVはもちろんイベントからwebまで発想次第で何でも仕事にできます!

営業局 営業部
石川 広大
早稲田大学 政治経済学部 経済学科

イベントや番組の企画・運営/新規ビジネスの開発

総合ビジネス開発室
倉田 彩加
早稲田大学 文化構想学部 文化構想学科

映像コンテンツを生み出し、人々に情報と感動や笑いを与える仕事

編成制作局 制作部
山口 泰右
法政大学 社会学部 メディア社会学科

北海道の出来事を取材し道民に情報を正確に早く伝える

報道スポーツ局 報道情報部
木村 洋太
立命館大学 産業社会学部

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる