あすか製薬株式会社アスカセイヤク

あすか製薬株式会社

内科、産婦人科、泌尿器科のスペシャリティファーマ
  • 株式公開
業種 医薬品
本社 東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

創薬研究本部
T.H.
【出身】京都大学大学院  生命科学研究科 卒
【年収】570万円位
これが私の仕事 新薬候補化合物の毒性を動物でプロファイリングし、ヒトの安全性を予測
安全性研究は、患者さんに安全に薬を服用していただくために重要であり、医薬品申請の要となる仕事です。新薬候補化合物を動物に投与し、ヒトへの安全性を評価・予測します。ベースとなるのは一般毒性試験で、化合物を動物へ反復投与し、症状観察、体重、組織への影響などを調べます。その他、発癌性、免疫系、生殖能や胎児への影響(生殖発生毒性)など、様々な試験を通して化合物の毒性をプロファイリングします。
グループメンバーそれぞれが専門性を深めていきますが、私は生殖発生毒性と臨床検査を主に担当しています。生体の各組織は相互に関係しながら巧妙なバランスを保っています。投与による変化が一次的な影響か二次的な影響か、薬理作用の延長か、複数の結果から総合的に見極める難しさがあり、その分、考えを巡らす面白さがあります。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
化合物の全身への作用に目を向ける、広い視野を持って研究を行う
「安全性研究は、薬の標的だけでなく全身への作用を網羅的に調べられる。」という言葉を入社後にグループの方から聞きました。この言葉が正にこの仕事の魅力を表していると思います。
化合物の標的器官だけでなく全身への影響を調べるため、幅広い知識が必要です。専門分野の異なる仲間と様々な実験を協力して行うため、実例を見ながら新しい知識を学ぶことができます。知識や経験の積み重ねから一つの事象を多面的に理解できた時に面白さを感じます。臓器の異常と血液パラメーターの変動の繋がりを理解し、種々の結果から、納得のいく考察が出来た際には達成感がありました。自分で試験をデザインし、思い描いた結果が得られたときに達成感が得られ、またそこから、新たな試験法やテーマの創出など、何か発展はできないか考える楽しさがあります。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 枠にとらわれず、やりがいを持って幅広い研究に携われる
大学院時代に応用的な研究を行っていたこともあり、新しい薬の創出に興味がありました。中でも、正常機能の破たんにより疾病が誘発される過程や機序に強い関心があり、毒性作用を調べる安全性研究に興味を持ち、就職活動を行っていました。
他社の安全性研究職の説明は、申請のための実験に関する内容が中心であったのに対し、当社では安全性という枠にとらわれない研究を行ってほしいと説明いただきました。その言葉から幅広い研究ができると感じ、入社を決意しました。また、説明会や選考で会った社員が、自分の仕事について楽しそうに語っている様子からやりがいを感じられる職場であるという印象を受けたことも大きな要因の一つです。
実際に入社して、型にはまらず自身がやりたいことを発信することで実行できる会社であると感じています。
 
これまでのキャリア 研究職(現職・今年で2年目)

この仕事のポイント

職種系統 基礎研究
仕事の中身 ヒトの美容や健康を支える仕事
仕事のスタイル 自分の仕事を自分で決めていく仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

職種や企業への憧れだけでなく、具体的にどういう仕事を行いたいのか考えることが重要です。
例えば研究職ひとつをとっても、業界や配属部署により仕事は大きく異なります。
自身の強み・興味を理解し、それを基にどういうことをやりたいのか考え、面接官に伝えることでマッチング精度が高まり、結果として良いご縁に繋がるはずです。

あすか製薬株式会社の先輩社員

新薬候補化合物を見つけるための探索合成研究

創薬研究本部
渡邊 友章
北海道大学大学院 生命科学院

新薬の試験法開発や規格設定、申請業務を通して創薬を支援

生産本部
A.H.
京都薬科大学 薬学部 薬学科

医薬品の信頼のための"根拠データ"に携わる

生産本部
佐々木 博和
九州大学大学院 薬学研究院 薬剤学分野

製品の様々な情報を評価し、患者さんから信頼される品質を保証する

生産本部
安田 賢人
岐阜薬科大学 薬学部薬学科

医薬品情報の伝達と収集による適正使用の普及

営業本部
神納 一輝
青山学院大学 理工学部化学生命科学部

産婦人科専任MRとして、産婦人科の先生方へ医薬品情報の提供、収集、伝達

営業本部
武藤 圭祐
東京農業大学 国際食料情報学部

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる