株式会社中部しんきんカード
チュウブシンキンカード
2023
業種
クレジット・信販
信用金庫・信用組合・労働金庫/リース・レンタル/団体・連合会/その他商社
本社
愛知
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

当社は東海地区(静岡・愛知・岐阜・三重)の「34信用金庫」を母体として、
1984年6月に設立された銀行系クレジットカード会社です。

「1366店舗」、「預金量30兆円」、「従業員数2万15000名」の
「34信用金庫」のスケールを活かした事業展開を行っており、
銀行系カード会社としてカード取扱高は「全国8位」。
会員数は「全国4位」の実績を誇り国内有数の規模となっています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

34の信用金庫、1366店舗の顧客力を活かして、地方創生に貢献!

国内銀行系クレジットカード会社として、カード取扱高・国内第8位の実績を誇る当社。業界での強みは東海エリア34の信用金庫を母体とした、地域のネットワークにあります。信用金庫の顧客層は、地域密着の中小企業や個人商店の割合がメガバンクよりも高く、高齢者などの年金世代も多いという特徴があります。日本のカード決済率は約20%。海外には70%以上の決済率の国がある中で低い数字です。経済産業省策定の「キャッシュレス・ビジョン」において、キャッシュレス決済比率引き上げを目指す動きがあり、加盟店の少ない個人商店や、カード利用の少ない高齢者に、信用金庫を通じたネットワークを持つ当社には、大きなチャンスが訪れています。

仕事内容

社員80名で1760億円以上のカード決済を「生み出し」て「管理」。

当社の特徴は、6部9課2室に分かれ、社員83名が時代のニーズをとらえて、新しいことに積極的に取り組んでいくことです。より便利に使いやすいカード会社としてブランドを築いています。世界トップブランドである「VISA]と、唯一の日本発国債ブランドである「JCB」の2大ブランドのクレジットカードを発行しています。お客様のニーズに合わせたカードサービスの提供を行うことで、地域経済の活性化や地域社会の発展に貢献しています。

社風・風土

自分たちで企画して、自分たちから仕掛ける組織です。

数あるカード会社の中で、他社と同じようなことをしているだけでは、世の中は変わりません。日本の人口が減っていく中で、会社の業績を伸ばしていくためには、自分たちから仕掛ける経営が大切です。例えば、信用金庫のお客様である地方の個人商店さまの売り上げをUPさせるには?カード端末を導入していただくことはもちろん、信用金庫の営業スタッフが端末設置をオススメしやすいような営業的な施策も考えなくてはなりません。海外のお客様はどうしたらカードが使いやすくなるのか?これも自分が海外でカードを使った経験をもとに企画実行をしていきます。今後はこういった企画型の仕事に取り組みたい人材を増やしていきたいと思っています。

会社データ

経営理念 中部しんきんカードは、クレジットカード業務において
質の高いサービスを提供することにより、
お客様の信頼に応えるとともに、
業務の適正な運営と健全な業績の伸張を通じて
地域経済の発展に貢献する。


第一に当社は、
クレジットカード事業を通じ健全な消費者信用を提供し、
もって地域経済の発展に寄与する。


第二に当社は、
母体信用金庫の補完的な役割を果たし、
経営基盤の安定を図り、信用金庫業界の発展に貢献する。


第三に当社は、
和と協調の精神に基づき、明朗な職場秩序を維持し、
社員の生活向上と、福祉の増幅を図る。
事業内容 1. クレジットカードに関する業務
2. 金銭の貸付並びに信用保証業務
3. 信用調査業務
4. 上記第1号・第2号に係る損害保険に関する代理業務
5. 上記第1号・第2号に係る生命保険の募集に関する業務
6. その他前各号に附随する一切の業務
設立 1984年6月18日
資本金 8000万円(授権資本3億2000万円)
従業員数 83名(内男性35名・女性48名)
売上高(カード総取扱高) 1763億1600万円(2020年3月期、)1556億8000万円(2019年3月期)、1427億6200万円(2018年3月期)
代表者 代表取締役社長 住田 裕綱
事業所 本社:名古屋市中区錦一丁目4番6号
株主構成 東海地区34信用金庫、株式会社しんきんカード、三井住友カード株式会社、
東京海上日動火災保険株式会社、日本生命保険相互会社
沿革 2006年4月1日
社名変更 旧社名 株式会社中部しんきんクレジットサービス

2008年5月7日
本社所在地変更
中部しんきんカードの特徴1:【国際ブランド】 当社は、世界トップブランドである「VISA」と、唯一の日本発国債ブランドである「JCB」の
2大ブランドのクレジットカードを発行しています。

これらのブランドが持つ高い信頼性と世界規模のネットワークシステムを駆使し、
ビジネスや観光などのシーンにおいて、利用者のライフスタイルや価値観、
ステータスに合わせた各種付帯サービスの充実と
さらなる利便性向上を目指しています。
中部しんきんカードの特徴2:【地域密着】 当社のカード会員や加盟店は、
地域とともに生きる信用金庫のお客様。

お客様のニーズに合わせたカードサービスの提供を行うことで、
地域経済の活性化や、地域社会の発展に貢献しています。
中部しんきんカードの特徴3:【安定の基盤】 『信用金庫のネットワークを活かしたカード会員獲得・加盟店開拓が可能』
各信用金庫と協同してカード会員や加盟店の獲得活動を行います。
信用金庫は地域に根差した金融機関であり、
顧客と強い信頼関係を持っているため営業活動に
大きなプラス効果を生み出します。


『銀行系でありながら独立色の強い経営体制』
単独の金融機関をグループ会社に持つ他の銀行系カード会社と違い、
当社は東海地区全ての信用金庫を母体としているため、
特定の信用金庫の意向に経営方針が左右されません。


『各地域に展開する全国ネットワーク』
当社以外にも全国各地域の信用金庫を母体とする
しんきん系カード会社が6社あり、「しんきんカードグループ」として協調し、
全国規模のサービス展開をしています。
人材育成に関して:【充実した研修体制】 『入社前』
社会人としての基礎知識を「通信教育」で学習します。


●社内外で行われる「新入社員研修」にて「ビジネスマナー」
「各課の業務」「カード業務の流れ」などを学んでいきます。

●「OJT」により先輩社員が1年間さまざまな面で指導・フォローを行うため、
業務を効率よく身に付けることができるだけでなく、
社内のコミュニケーションを円滑に図ることができます。

●その他、全社員を対象としたeラーニングや研修・通信教育の実施により、
自己啓発の機械を提供しています。

※通信教育の受講:受講料の半額程度を支給
※資格の取得:合格者には受験料を支給
(当社指定の通信講座・資格に限る)
入社後の配属に関して 最初の配属は、適性や各部署の人員構成などを考慮し決定します。
その後、4~6年程度でジョブローテーションを行います。
様々な部署で業務を行うことにより、幅広い知識と経験を身につけ、
スキルアップしていくことができます。
【新型コロナウイルス感染症への対応】 ・説明会会場にアルコール消毒薬を用意します。
・予定どおり自社にて説明会を実施します。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)