三輪運輸工業株式会社ミワウンユコウギョウ

三輪運輸工業株式会社

メーカー/鉄鋼/インフラ/陸運/総合物流/設計/製造/輸送/建設
業種 鉄鋼
陸運(貨物)/輸送機器/建設/機械設計
本社 兵庫

先輩社員にインタビュー

加古川支店 運輸室
都倉 雅之(30歳)
【出身】姫路工業大学(現 兵庫県立大学)  環境人間学部 環境人間学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 構内運搬作業の管理。運搬体制の構築から収支管理まで。
私の担当する係では、高炉で使用される石炭や転炉で使用されるスクラップ(いわゆる鉄屑)の運搬を行っており、私は主にその管理調整業務をしています。
現場は製鉄所の操業に直結しているため、24時間365日安定した作業が行える体制を構築しなければなりません。新規作業が発生した際は、「安全性」「クライアントの要求」「コスト」「現場側の負担」など様々な点を考慮した上で体制を提案する必要がありますが、当社独自開発の車両・コンテナを利用し、上手く運用できた時は達成感もひとしおです。基本は事務所内での業務ですが、現場での情報収集は欠かせないため、足しげく現場に通うようにしています。
収支管理においては、毎月の実績がそれぞれどのような要因でその結果になったかをまとめています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
現場の方々とのコミュニケーション
現場を持たない企画室から現場が中心の運輸室へと異動となった際は、環境の変化に不安を感じていました。
毎日が勉強の連続で、時間的に余裕がなくなってしまうこともあります。そんながむしゃらでひたむきな日々を過ごしていた中、よく冷えた缶コーヒーとともに「都倉くん、頑張ってるね。たまには息抜きしようや。」と暖かい声を職長から頂いた時、なんとも言えない嬉しさが込み上げましたね。現場の職長・班長・オペレータはプロフェッショナルでありながら、とても気さくな方ばかりで、現場について質問した際には、熱意をもって丁寧に教えていただけます。
大変なこともありますが、多くの方に支えられている事への感謝を忘れず、業務に取り組んでいます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 歴史ある会社で培われた助け合いの風土
地元企業が中心の合同説明会で三輪運輸工業に出会うまで、正直な話、社名すら知りませんでした。
人事担当者の話で、独自の技術・ノウハウを持った歴史ある企業であることを知り、また、自身の企業研究で、非常に堅実な経営をしている企業と分かり、興味を持ちました。
人事担当者とのやり取りや面接の中で、職場の雰囲気がとても温かいこと、社員同士助け合う風土であることが感じられ、この会社で働く意思が固まりました。
 
これまでのキャリア 加古川支店企画室(4年間)→加古川支店運輸室(現職・今年で2年目)

この仕事のポイント

職種系統 物流・在庫管理
仕事のスタイル 機敏なフットワークと行動力が必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 人を動かしたり、管理する能力が身につく仕事
特に向いている性格 誰とでも親しくなれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

インターネットや就活本など、就職活動についての情報はあふれていますが、
是非、OB訪問等を通じて、働いている人の生の声に耳を傾けてください。
仕事についてもっとも現実に近いイメージを得られると思います。

三輪運輸工業株式会社の先輩社員

製鉄所で使用する運搬用特殊車両(コンテナ脱着式ダンプトラック)の営業

プロダクト部 営業室
藤井 泉多
同志社大学 経済学部 経済学科

製鉄所構内で使用する産業車両の設計

プロダクト部 技術室
高畑 亮太
近畿大学 理工学部 機械工学科

基幹システムの運用・保守管理や、ネットワーク・サーバの管理

経理部 システム室
原田 喜貴
甲南大学大学院 自然科学研究科 情報システム工学専攻

支店の労務・経理から経営計画まで、会社の幹となる仕事

神戸支店 総務室
音谷 慶介
和歌山大学 経済学部 経済学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる