愛知県経済農業協同組合連合会アイチケンケイザイノウギョウキョウドウクミアイレンゴウカイ

愛知県経済農業協同組合連合会

JAあいち経済連/農業商社/JA
業種 商社(食料品)
食品/その他商社/団体・連合会/エネルギー
本社 愛知
インターンシップ・1day仕事体験の評価230件~240件
  • 総合評価
  • 4.52 評価点数の画像
  • 評価が高い項目
  • 事業内容の理解 4.62

先輩社員にインタビュー

営農総合室
田中 久留美
【出身】岐阜大学大学院  応用生物科学研究科 生産環境科学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 安全・安心な農産物づくりをサポートする仕事
安全・安心な農産物づくりといっても、十分な生産量を確保するためには、農薬を適正に使用することが不可欠です。しかし、つまもの野菜やいちじく、ふきなどの生産量の少ない農作物(マイナー作物)では、栽培時の使用を認められている農薬が少ないため、十分な病害虫防除が難しいのが現状です。そこで、私たちは県などの関係機関とともに農薬の登録拡大に取り組んでおり、私は担当者として、試験内容の検討や試験実施の補助、予算に関する業務を行っています。それと並行して、農薬の適正使用を確認するために残留農薬を検査しています。ごく稀に想定外の農薬が検出された場合は、県下JAにて原因究明を行いますが、それをサポートするのが私たちの役割です。実際に、私は現場確認への同行や、成分特性などの情報提供を行ってきました。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
理解し納得してもらってこそ一歩前進できると実感しました
県内JAの営農担当者を対象とした「安全・安心な農産物づくりについて」の研修会で講義をしたことです。社会人2年目だった私は、まだ業務経験が浅いため、講師を務めるのが不安でした。職場の先輩からいろいろな助言をいただくなかで、なんとか有意義な研修がしたいと考え、講義の目的を「安全・安心な農産物づくりの必要性について、JA担当者に理解・納得いただくこと」に絞りました。各JAから農家さんに説明する際に講義内容を活用していただきたいと思ったからです。そこで講義では、関連する法制度や、全国で発生した事例、実際のデータの傾向なども取り入れながら、JAグループ愛知が目指す姿やそのための取り組みについて説明しました。講義の後には、受講者から「分かりやすかった」という言葉をいただき、大きな達成感を得ました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 私のふるさと、生まれ育った愛知県の農業を支える仕事がしたいという思い
学生時代では農業や植物に関することを主に学んできましたが、就活を初めたころは農業に限らず幅広い職業について情報を集めました。その中で、やはり自分は農業に関わる仕事がしたいと考えるようになったのです。そんな時、JAあいち経済連が愛知県の農業や生産者を様々な面からサポートしていることを知り、説明会に参加しました。そこで先輩職員から、JAや農家さんと話し合いながら、より効果のある肥料を見つけるための試験を行ったという話や、愛知県の農産物の良さをより知ってもらうための広報活動を行ったという話を伺い、自分のやりたかった仕事はこれだ!とひらめきました。先輩職員のみなさんが明るく誠実に話す雰囲気からも、「ここで働きたい!」という思いが強くなったことを覚えています。
 
これまでのキャリア 営農総合室(現職・今年で3年目)

この仕事のポイント

職種系統 調査・マーケティング
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 機敏なフットワークと行動力が必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しい動きに敏感になり、幅広い知識が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

初めは視野を広くもって、幅広い職業について調べることをオススメします。私はたくさんの情報を集める中で自分のやりたいことが明確になっていき、それが就職活動の軸になりました。また、同級生と積極的に情報交換をすることもよいと思います。いろいろな選考の雰囲気を知ることで、不安も少しずつ解消されていきました。今私は実家暮らしなので、家事や家族団欒のひとときに支えられています。地元企業も選択肢にいれながら、自分にぴったりの仕事を探してみてください。

愛知県経済農業協同組合連合会の先輩社員

集出荷システムの機能検討・県下JAへの集出荷システム導入提案

園芸部 青果販売課 青果企画開発担当
鈴木 梨央
名城大学 農学部 応用生物化学科

企画・開発職・・・肥料の推進企画・仕入供給改善

生産資材部 肥料農薬課
大橋 遵
三重大学 人文学部 法律経済学科

営業担当として外食・中食・給食業者へお米を提案しています

米穀部 パールライス2課
加藤 大夢
南山大学 経済学部 経済学科

愛知県の養牛生産基盤の維持拡大と生産者の経営安定を目指す仕事

畜産部 畜産課 養牛担当
宮川 透
愛知大学 地域政策学部 地域政策学科

組合員に豊かな暮らしを提供する仕事

生活部 ホームエネルギー課
松田 玲汰
名城大学 経営学部 経営学科

組合員の所有する資産の維持と土地のコンサルタント!

建設部 地域開発課 ハートホーム担当
蟹江 大斗
中京大学 法学部 法律学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる