関口工業株式会社セキグチコウギョウ
業種 建築設計
建設
本社 埼玉、東京

先輩社員にインタビュー

土質調査員
D.H
【出身】日本大学  理工学研究科 社会交通工学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 試験室内や施工現場での土質調査および報告書の作成
施工現場での土質調査および報告書の作成を主に行っています。施工現場での土質調査とは、宅地地盤の強度確認や新たに道路の新設や擁壁等を据える際の支持力調査等、顧客の要望に合わせて様々な試験を実施しています。
また、試験結果を解析し、基礎地盤の支持力が不足している場合は、地盤改良方法を検討し、基礎地盤にセメントや石灰を加えて改良する方法や良質な土木材料で置換える方法等を提案しています。試験を実施する事で、より高品質なモノを作ることができ、人々が使用する社会インフラを施工する際の一助を担っていると自負しています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
現場の状況に合わせて臨機応変に対応し、顧客に喜んでもらえたこと
施工現場での安全対策(地盤が軟弱なため、建設機械の転倒防止措置等)の相談を受け、地盤の調査方法や地盤改良方法を提案しました。
後に、その現場は無事故・無災害で竣工し、十分な安全対策を講じることが出来たと顧客から感謝の言葉を頂いたときにやりがいを感じました。また、現場の状況によって、発注者の求めている試験の実施が困難な場合に、代替案を提示し、発注者の求めたい土質データが得られ、顧客から「ありがとう」と言って頂いたときなど、顧客から頼りにされることにやりがいや喜びを感じます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 大学(院)で学んだ知識を活かすことが出来る
土質工学を専門に学び、その知識を活かせる業種に就きたいと思いながら、就職活動をしていました。会社説明会や面接を通じ、土質調査のデータを基に地盤改良等の工事が施工されるので、地質調査員として自分の能力を活かすには、まず施工管理者の考え方についても理解することの必要性を気付かせてくれたのが、関口工業でした。
また、同じ大学の先輩も在籍していて、会社説明会では質問し難いことも、同じ大学のOBだからこそ掘り下げて聞くことができ、自分の入社後の将来像がはっきりとイメージ出来た事が決め手となりました。
 
これまでのキャリア 施工管理職 1年 → 地質調査員 6年

この仕事のポイント

仕事の中身 イキイキした地域社会をつくっていく仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

大企業には大企業の良いところ、中小企業には中小企業の良いところがあると思いますので、企業説明会等に多数参加し、ご自身に合った会社に入社できるように頑張ってください。

関口工業株式会社の先輩社員

経理・総務などの事務作業

経理部
M.T

施工管理(主に原価、工程、品質、出来形、安全について)

施工ブロック
S.K
明星大学 総合理工学科建築学系

現場の仕事を支援する現場事務

事務職 現場事務
S.T

文字通り事務兼営業です

営業事務
M.O
立教大学 社会学部現代文化学科

土木工事における施工管理

施工管理職
R.N
東洋大学 工学部環境建設学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる