リコーインダストリー株式会社リコーインダストリー

リコーインダストリー株式会社

リコーグループ 生産関連会社
業種 機械
コンピュータ・通信機器・OA機器/精密機器/文具・事務機器・インテリア/印刷関連
本社 神奈川
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

生産本部 生産技術開発センター 基盤技術開発室 評価技術開発G
阿部 和樹(28歳)
【出身】秋田大学  工学資源学部 機械工学科卒業/共同ライフサイクルデザイン工学専攻修了 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 高解像度撮影装置の開発。光学設計や撮影画像評価
高精度な撮影を行うにはカメラと照明の位置関係やレイアウトが重要になります。
撮影するモノによって適切な機能の選定、条件を設定する必要があります。
これまで得た経験や知識をもとに自身で考えた条件が当てはまっていて、必要な画像が取得できたときは自身の成長や充実感を感じます。
もちろん、検討したことがうまくいかないこともあります。それはなぜうまくいかなかったのかを分析し、次はどうすれば良いか再度検討するといったトライ&エラーを繰り返すことで、新たな問題解決の糧にしていくことをこの先も実践していこうと考えています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自身で問題・課題を解決をしたとき
開発には課題があり、課題達成へ向けての活動で問題が出ることは数々とあります。
その問題を普段は先輩社員と話し合い、原因と対策を教えてもらいながら問題解決を行っていました。ある時、1人で考えて解決してみる事を言われました。原因解析から対策の検討までを1人で行いました。普段は、相談をしながら考えてきたことを1人で考えながら自分がこれまで得てきた知識や経験でできるかなど不安がありましたが、1人で問題を解決できた時のこみあげてくる充実感がありました。まだ経験や知識は浅いですが、今後も自身で考えて問題を解決することで開発が一歩ずつ進んでいくことを実感し、喜びに繋がっていくと思います。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 良いモノづくりは良い生産プロセスから生まれる
もともと大学院でプロダクトライフサイクルに関することを学んでいたこともあり、就職活動の中で『生産技術』について知り、興味を持ち始めました。『RICOH』という大きなブランドの製品の生産のマザー機能を担う企業であり、製品だけではなく、製品を生産するための装置・設備の開発も行うことでより良いモノづくりを行っていることが魅力だと思います。また福利厚生も充実していることや会社説明会や面接等で社員の人の良さも魅力だと感じたので、この会社を選びました。
 
これまでのキャリア 生産・評価ツールの製作(3年間)→技術開発(現職・今年で1年目)

この仕事のポイント

職種系統 機械・電機・電子機器設計
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル ニッポンを飛び出して、海外の人と働く仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

企業研究をする時はその分野はもちろん、事業の内容もよく理解して自分の想いが少しでも向く企業を選ぶことが大事だと思います。
また、同じ大学・研究室の仲間は就職活動においてライバル感が出てしまいますが、企業研究の情報交換やエントリーシートの見せ合いなどで良い情報をくれるかもしれません。
最後に決めるのは自分自身になりますが、周りの意見・情報も参考にしながら、就職活動を頑張ってください。

リコーインダストリー株式会社の先輩社員

プリント基板の検査工程設計

生産本部 生産準備センター 電装部品工程設計室 電装保証設計グループ
高岡 憲司
秋田県立大学 システム科学技術部 電子情報システム学科

生産工程(ライン)の自動化

OP生産事業部 第二OPものづくりセンター 第一FS技術室 DM技術G
須藤 謙
秋田県立大学大学院 システム科学技術研究科 機械知能システム学専攻

データ解析を用いたインクジェットヘッドの量産工程改善

IP生産事業部 IPものづくりセンター NPS推進室 DM技術G
飛田 悠貴
茨城大学大学院 理工学研究科機械工学専攻

自動生産ラインの維持・管理・改善

OP生産事業部 第二OPものづくりセンター KU生産室 設備技術G
丸谷 将賢
宇都宮大学大学院 機械知能工学専攻

オフィス用複写機(複合機)のキーパーツ開発、工程設計、生産準備業務

玉井 秀平
東北学院大学 工学部・電気情報工学科

複写機に使う部品を自動で生産するラインの、保守及び改善を行う

OP生産事業部 第二OPものづくりセンター KU生産室 設備技術G
有泉 隼天人
山形大学 理工学研究科機械システム工学専攻

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる