株式会社ADEKAアデカ

株式会社ADEKA

化学品・食品/東証一部上場
  • 株式公開
業種 化学
食品
本社 東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

東日本食品営業部
T.S.(40歳)
【出身】三重大学大学院  生物資源学研究科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 ショートニングやチョコレート用油脂等の食品原料における法人営業
現在は、お菓子メーカーに対する当社製品の販売営業活動を行ってます。私自身も、入社するまで知りませんでしたが、当社の製品は誰もが知ってるような有名なお菓子から、子供が大好きな駄菓子に至るまで幅広く使用されています。それらの菓子メーカーの開発部署を訪問し、新商品開発を原料メーカーとしてサポートしています。例えば、最近の猛暑の影響などで「夏の高気温下でも溶けずに、美味しいチョコレートをどのように作れば良いのか」というようなテーマがあったりします。当社の開発部門と、新しい原料の開発に取り組み、お客様の新製品開発への協力を行うことが私達の仕事です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
お客様の担当交代後も交流を継続
営業という仕事柄、自分が担当するお客様が変わるということがあります。私は、現在の部署は5年目となりますが、その前は大阪支社にて営業をしていました。大阪での担当を代わる際は、社交辞令も多分にあるかとは思いますが、お客様からも「本当にお世話になったね」「いろいろ教えてくれてありがとう」と感謝して頂きました。現在も、当時のお客様と、仕事の情報交換をしたり、仕事を抜きにしてお会いするなど交流は続けていますが、「また早く、大阪に帰ってきてよ」などと言われた時は、本当に嬉しく思いました。いろいろな人と接する機会を持ちたくて、営業を選んだのですが、人脈が増えると、自分の知らないことを知る機会も増えることが、この仕事の良いところです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 人事部のフランクな接し方に好感を持った
就職活動を始める前までは、当社の社名は全く知りませんでした。食品関係の営業をしたいと思っており、キーワード「食品」「営業」と企業検索をした際に、50音順の上の方に社名が出てきました。当時の社名は、「旭電化工業」という名前でしたので、電化工業なのに食品?となぜか気になり、説明会に行ってみたことを覚えています。説明会は、若い社員の方が進行され、最初の面接は雑談の延長のような感じでリラックスするとともに、人事部の方々に好感を持ちました。その間、当社のことをいろいろと調べましたが、非常に歴史もあり、食品業界では名の知れた会社であることが分かりました。人事部の方々から社風を想像することができ、自分に合ってそうだなと思ったのが当社を選んだ理由です。
 
これまでのキャリア 営業職

この仕事のポイント

仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 交渉力・折衝力が身につく仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

私は、大学、大学院で微生物の研究をしていましたが、営業職を希望し現在も続けています。少し思い付きの面はありましたが、自分には研究職よりも営業職が良いのではないかと考え、就職活動を行いました。周囲やセオリーに合わせるのではなく、今やりたいと思うこと、自分に合ってると思うことを重要視して下さい。

株式会社ADEKAの先輩社員

塩化ビニル樹脂用安定剤の研究開発

樹脂添加剤開発研究所
Y・I
慶応大学大学院 理工学研究科

隠れた世界シェアを持つ、エンジンオイル添加剤の研究開発。

機能化学品開発研究所 潤滑材料研究室
T.S
横浜国立大学大学院 環境情報学部

製品の生産効率アップ・スケールアップ方法の検討、プラント設計。

技術部
Y.H.
立教大学 理学部化学科

日本国内と欧米を中心とした半導体材料の営業

情報・電子ケミカル営業部
R.K.
早稲田大学

マーガリンやホイップクリーム等の食品原料を通じた法人営業

K.M.
兵庫県立大学

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる