サミット株式会社サミット

サミット株式会社

食品/小売業/スーパー/販売
業種 スーパー・ストア
その他サービス
本社 東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

霞ヶ関店 総菜部門
梅村 亮太(26歳)
【出身】帝京大学  経済学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 これが総菜部門の仕事
現在、入社5年目です。今の仕事は、総菜部門のチーフとしての部門を運営する事です。総菜部門の1番の特徴は「出来立て商品」を、いかにお客様に提供できるかという点です。私は、お客様を迎えるにあたって、「出来立て商品」を提供するために、パートタイム社員と一丸になり、売れ筋商品の商品化やその指示と段取りに注力しています。部門のマネジメントが今の私の大きな仕事です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
単品量販へのチャレンジ
私は新商品を売り込んだ経験から得られたこの仕事のやりがいを紹介します。その日は売り上げをとるため、いつも以上に店内放送と試食を徹底しました。結果、当時の全115店舗中1位の売り上げを得ることができました。これは決して自分だけの努力で達成できるものではなく、パートタイム社員の協力が不可欠です。部門が一体となって出した結果を、上司から認められたこの日のことは今でも鮮明に覚えています。また、チャレンジしたからこそ感じられる、達成感と充実感も記憶に強く残っています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 竹野さんの想い
人が生活していく上で不可欠な「衣・食・住」のどれかに携わりたいという思いでサミットの説明会に足を運びました。そこで、当時社長だった竹野さん(現サミット株式会社会長)が登壇していたことに驚いたと同時に、「サミット」という会社の良さを知りました。さらに新入社員を大切にし、そして即戦力として期待している意思が直接会社のトップから伝わったことが入社の決め手となりました。
 
これまでのキャリア 2016年入社。新入社員で大泉学園店に配属になりました。そのまま大泉学園店で総菜部門に正式配属となりました。久が原店でサブチーフとなり、2店舗経験した後、19年10月に霞ヶ関店の総菜部門チーフとなりました。

この仕事のポイント

職種系統 販売・サービススタッフ
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 何人もの人を動かすリーダーシップが問われる仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 人を動かしたり、管理する能力が身につく仕事
特に向いている性格 段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

是非、納得いくまで就職活動を続けてください。私は多くの会社を訪問した後、サミットを選択しました。仕事で様々な経験ができるだけでなく月10日間休みがあるので、プライベートも充実しています。入社して全く後悔はありません。余談ですが就職活動の後は卒業までの期間、納得いくまで遊びました(笑)。頑張った人は必ず報われます。自分を信じて、友を大事にし、就職活動を楽しんでください。健闘祈ってます!

サミット株式会社の先輩社員

店長として店舗全体の運営を行っています。

三田店店長
秋川 敬
国士舘大学 政経学部

お客様に喜んでもらう商品を求めて

一般食品部 バイヤー
柴田 長次郎
駒澤大学 経済学部

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる