株式会社技術評論社ギジュツヒョウロンシャ

株式会社技術評論社

書籍・雑誌・電子媒体の出版
業種 出版
インターネット関連/ソフトウェア/広告/その他専門店・小売
本社 東京

先輩社員にインタビュー

編集局 書籍第3編集部
菊池 陽太(26歳)
【出身】東北大学院  理学研究科化学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 書籍の編集。企画から本ができて読者に届けるまでのアレコレを支えます
書籍の編集を行っています。部署は理工書班というところで数学生物物理工学などの参考書や図鑑、読み物などを扱っています。編集の仕事は著者の方とやり取りして原稿をいただくというところは比較的イメージしやすいかもしれません。それだけでなく装丁やイラストなどのデザイナーさんや印刷所の方、営業の方など本が世に出て読者の方に届くまで様々な場面で顔を出してサポートするのが仕事です。コミュ力が大事というほどではないですが、人付き合いが苦手じゃないほうが良いかもしれません。活字離れとかネットの時代とか言われますが単純に良いものが見つかりやすくなり、評価されやすくなったのだと考えています。読者の皆さんの好奇心に応え、次も技術評論社の本を買おうとか周りに勧めようと思ってもらえるような本を出したいと思っています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
初めて出した企画が会議を通過したこと。
まだ入社数か月なので大層な話はできませんが…著者の方と打ち合わせを行って企画の方向性を定めて実際に企画会議に提出するという流れをこんなにも早く経験できるんだと少し驚きました。「新人だから」ということはなく企画に関してのある程度の裁量と決定権がありました。会議でも発言をしたり求められたりということがよくあり、企画会議での自分の企画の甘く見られるなんてこともなく皆さんしっかりと検討していただいて様々な意見をいただきながら進めることができました。理工書は本になるまで時間がかかりがちなので他の部署の同期と比べるとスピードに差があったりするかもしれませんがじっくり良いものを作っていきたいと思っています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 本が好きだったのと様々な知識を得て活用できると感じた。
大学では化学を専攻していましたがもう少し幅広い分野にかかわっていきたいという思いや、科学への誤解や偏見を少しでも解消して魅力を伝えていきたいという思いがありました。そのため、マスコミや出版社を中心に受けていました。技術評論社ならそうした目標に近いと感じて注目しました。これは入ってから感じているのですが新しい技術であったり科学の話題について扱っている企業なのもあって便利なものや良いものは積極的に取り入れていこうという社風があるように感じます(もちろん紙の本を扱う都合上アナログなところも多々あるのですが)。そのような社風もあり自分のここまで学んできたことや培ってきた技術を存分に活かせるような場面もあるように感じています。そういった視点で就職先を選んでいくのも良いのではないでしょうか。
 
これまでのキャリア 編集局 書籍第3編集部所属(現職・今年で3年目)

この仕事のポイント

職種系統 編集・制作
仕事の中身 人の成長やスキルアップ、キャリアアップをサポートする仕事
仕事のスタイル ひとつのプロジェクトを長期間かけて進める仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しい動きに敏感になり、幅広い知識が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

周りの人が就職を早く決めていて焦りましたが自分のやりたいことや企業の特徴をじっくり分析するのが大切ではないでしょうか。何社も受けると「こんなの1社1社真面目に分析してたらキリがない!」とか思ってしまうけどとりあえず1社真剣に検討したら他の企業についても違いであったり特色が見えてくると思います。かくいう私の就職活動は目の前のことに追われすぎてできていたかというと自信はないのですが今になるとそう感じます。

株式会社技術評論社の先輩社員

おもにPC書やビジネス書の書籍編集をしています

編集局 書籍第2編集部
佐久 未佳
信州大学大学院 教育学研究科 学校教育専攻

ソフトウェア月刊誌「Software Design」の編集業務

編集局 Software Design編集部
宮島 幸太
信州大学 繊維学部

ネット書店担当、配本関連

販売局 販売促進部 販促管理課
大友 順也
青山学院大学 経営学部経営学科

読者が求めている書籍を企画し、形にする

編集局 Software Design編集部
山崎 香
宮崎大学 工学部情報システム工学科

IT系書籍の編集。企画から進行管理、編集、校閲まで、1冊の本の責任者

編集局 雑誌編集部書籍班
西原 康智
上智大学 文学部ドイツ文学科

ネット販促、イベント運営、広報的な仕事まで様々

販売促進部 マーケティング課
峰尾 健一
横浜市立大学 国際総合科学部 国際総合科学科 経営学コース

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる