社会福祉法人 滝乃川学園タキノガワガクエン

社会福祉法人 滝乃川学園

児童/障害者支援施設/高齢者介護
業種 福祉・介護
医療関連・医療機関/教育関連/その他サービス
本社 東京

先輩社員にインタビュー

グループホーム部
齋藤 絵美(27歳)
【出身】日本社会事業大学  社会福祉学部 福祉計画学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 知的障害者の生活全般を支援しています。
私は知的障害者が暮らすグループホームで世話人として、関係機関やご家族とも連携しながら利用者の生活全般を支援する仕事をしています。世話人とは利用者の要望を汲み取り、利用者にとって必要なことを考えながら、利用者をトータルコーディネートしていく、そんな仕事です。
利用者が仕事や活動に出ている時間帯は掃除・買い物・行政手続き・関係機関との調整などを行い、利用者の帰寮後は食事の提供・入浴介助・利用者の相談に乗るなど業務は多岐に渡ります。仕事の型がなく、自分のアイディアをかたちにしていく仕事が多いため「引き出し」を増やすことを常に心がけており、少人数の利用者に深く関わることになるので責任は重大ですが、私はそこにやりがいを感じています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
利用者の環境を整えたことで、自立に一歩近づいた。
利用者の気持ちを理解するのにはとても時間がかかり、苦労することがあります。入所施設からグループホームに移ったAさんは何をするにも世話人の声掛けがないと動かず、発話もほとんどないので「本人はどうしたいのか?」が長い間わかりませんでした。そこで私たちは本人が使いやすいよう物品を配置したり、絵カードを使用したりしてAさんが自分で動けるよう環境を整えました。すると、少しずつですが本人が自分の意思を示して下さるようになり、難しいと思われていたトイレへも少しずつお一人で行き始めるようになりました。このように利用者が出来ることを少しずつ増やしていけた時、利用者が自ら動いてくれた時に「やっててよかった!」と思います。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 大学で課題として出たことがきっかけ。
大学3年次の講義で学園創立者である石井亮一について調べるという課題が出ました。日本で初めてできた知的障害者の施設という事で調べていて強く印象に残っていた事を覚えています。社会福祉士の資格取得に向け勉強している時にも学園の名前は度々出てきており、大学4年になり求人を発見した時は「講義や試験に出てくるほど有名な所が!」と驚きました。もともと知的障害の分野で働きたいと考えて今まで勉強しており、「働くなら第一線で」と思ったので応募しました。
 
これまでのキャリア 知的障害者グループホーム(2年間)→認知症高齢者グループホーム(1年間)→知的障害者グループホーム(現職・今年で2年目)

この仕事のポイント

職種系統 社会福祉士
仕事の中身 ヒトの美容や健康を支える仕事
仕事のスタイル 特定のお客様と長いおつきあいが続く仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就きたい仕事があるなら、その職種のアルバイトをしたり対応する資格を取得したりして、目に見える形で実績をアピールできると良いと思います。
やりたいことの分野だけに限らず様々な事にチャレンジし社会経験を積むことももちろん大切です。

社会福祉法人 滝乃川学園の先輩社員

障がいを持つ人の希望する生活を引き出し、実現するための相談支援

地域支援部 相談支援センターみなも
島袋 恵理子
文教大学 人間科学部 臨床心理学科

知的障がい者支援施設で、利用者の方の生活を支える仕事

成人部第二支援部
山田 遼太郎
電気通信大学 情報通信工学

知的障碍を持った方の介護、日常生活支援。

成人部第三支援部(生活介護)
今永 博之
帝京平成大学 現代ライフ学部人間文化学科

市委託の短期入所事業。利用者・保護者のレスパイト・緊急利用の対応。

地域支援部
山里 昌聖
沖縄国際大学 人間福祉学部社会福祉学科

知的障害をお持ちの子どもたちに施設生活の中で支援を行う指導員。

児童部
林 克昌
亜細亜大学 経済学部家経済学科

総務としての業務から人事採用までを担当

法人本部 総務部 人事科
柿山 椋大
目白大学 社会学部

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる