関東電化工業株式会社カントウデンカコウギョウ
  • 株式公開
業種 化学
半導体・電子部品・その他/医薬品/金属製品/食品
本社 東京

先輩社員にインタビュー

渋川工場生産技術部
小林 弘人(24歳)
【出身】筑波大学  生命環境学群・生物資源学類 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 既存製造設備の改良・改善
私の仕事は、既存製造設備の改良改善です。製造設備内の問題点を解決し、製品がより効率的に製造されることを目指しています。様々な部署と連携しながら業務を進めていきます。改良改善するにあたって、まずは製造現場と協力しながら問題点の把握を行います。例えば、工程のマスバランスを作成したり現場でサンプリングを行ったりします。このようにして問題点を明らかにすることに面白さを感じます。さらに、改良改善は実用化できれば製造設備に自分が考えた設備が設置され、会社の業績に直接的に貢献できるためとてもやりがいのある仕事です。実用化を目指して小スケールでの試験を試行錯誤しながら行っていき、良好な結果を得られた時には大きな喜びを感じます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
試行錯誤して課題を達成した
入社2年目で既存製造設備の改良改善を任され、反応工程で生じる不純物の除去を目指し小スケール試験を行っていました。先輩の助言や上司の指導、他部署の方の協力をいただきながら試験条件や設備設計を自分で考えましたが、知識や経験の不足で思い通りにいかないことがたくさんありました。例えば、現場の設備を再現した試験装置を1人で初めて組み立てるときや実用化した場合の設計を考えるときは何から手を付けたらいいかもわからない状態でしたし、試験で良い分析条件がなかなか見つからないときもありました。しかし、どうしたらいいか地道に考えたり失敗しては再検討を繰り返したりしました。粘り強く試行錯誤を継続してこれらの課題を達成できたときの喜びはとても大きかったです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 企業が求める人材と社員の人柄
様々な専攻分野の人を採用している点とお会いした社員の人柄が入社の決め手です。私は就職活動時に化学メーカーの生産技術を志望していましたが、この製品を製造している会社がいいといったこだわりを持たずに幅広く企業説明会に参加していました。その中で特定の分野に強い製品を製造している会社に入社したいと考え、半導体製造用ガスに強いこの会社に注目しました。選考中に採用担当がおっしゃっていた、化学系だけでなく様々な専攻分野の人に入社してもらいたいという点が、異なる専攻分野から生産技術を志望する自分と一致したため、1つめの決め手にしました。また、様々な部署の人と協力しながら仕事を行うので社員の人柄も重要と考えました。選考中にお会いした社員の人柄が自分に合うと思い2つめの決め手にしました。
 
これまでのキャリア 渋川工場生産技術部(現職・今年で3年目)

この仕事のポイント

職種系統 生産・製造技術開発
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 自分の仕事を自分で決めていく仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

面接では自分らしさを出すことが一番だと思います。しかし、緊張した場面で自分らしさを出すことは難しいですし、なかなか面接に慣れなくて上手くいかないことが続く場合もあります。そのときは過去の面接を振り返り、上手くいかなかった点を一つずつでもいいので解消していってください。

関東電化工業株式会社の先輩社員

半導体製造用の特殊ガスの開発

事業本部 半導体材料開発部 渋川駐在
森田 一弘
佐賀大学大学院 工学系研究科 循環物質化学専攻

リチウムイオン電池材料の営業

営業本部 精密化学品第3部
小崎 祐
早稲田大学 文化構想学部複合文化論系

会社の数字をまとめる仕事。社内資料から対外発表資料まで

経理財務部
杉山 祥平
明治大学 理工学部応用化学科

工場の固定資産管理

渋川工場事務部経理課
北 啓介
関西学院大学 文学部文化歴史学科

お客様のもとまで製品を届けるお手伝い

物流管理部
児玉 光
青山学院大学 経営学部マーケティング学科

基礎化学品製品の営業

大阪支店 営業課
須田 将之
立命館大学 国際関係学部 国際関係学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる