株式会社 ヨークヨーク

株式会社 ヨーク

スーパー、食品、セブン&アイ
業種 スーパー・ストア
本社 東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価20件~30件
  • 総合評価
  • 4.75 評価点数の画像
  • 評価が高い項目
  • 仕事内容の理解 4.61

小売の基本は、ヒト・モノ・カネ・「ココロ」。

お店に立って、あなたをどんどん売りましょう。

◆店先には、一人ひとりのアイデアがびっしり。

わたしたちはセブン&アイホールディングスの一員として、首都圏を中心に食品スーパーを展開しています。ただ、どこにでもあるスーパーだと侮ってはいけません。お店の中には、これでもかというくらいに、先輩社員たちの工夫がいっぱい詰まっているんです。
たとえば、お菓子コーナーひとつを見ても、いろいろできることがあります。「毎週、新商品を試食販売。するとお菓子の売上が全社1位に」。「夏休みシーズンを狙って駄菓子コーナーを設けると、子どもたちで売り場が大盛況」。「地元のお煎餅屋さんとコラボし、店頭で焼きたての煎餅を販売したら飛ぶように売れた」。これは実際に、社員のアイデアから生まれた事例。ヨークでは普通によくあることです。
学生のみなさんからすると、少なくなった商品を発注し、棚に並べる…といった地味な仕事に見られてしまうこともありますが、実際は違います。むしろ例で挙げたように、自ら仕掛けていく仕事です。お客さまの、その街全体のニーズをくみとり、"食"を通じてファンを増やしていく。あなたのアイデアをお店に並べ、たくさんのお客さまのハートを掴んでください。

◆目指せ、ココロのプロフェッショナル。

ヨークのお店には、どれくらいの人が勤めているか知っていますか?答えは、大型店舗では100人超。みなさんに目指してほしい"店長"というポジションは、じつは中小企業の経営者と同じくらい大変なことなんです。と同時に、自分が先頭に立って店舗をつくれる、とても面白い仕事でもあります。
その一番のやりがいは、チームで目標を達成していくこと。みなさんも部活動やアルバイトをしてきた中で、「この人についていきたい!」と思える先輩がいたはず。その人は、あなたが悩んでいる時には明るい冗談をいったり、さりげない助け舟をだしてくれたりしませんでしたか?小売の基本はヒト・モノ・カネなんて言いますが、そのすべてを動かすのはココロ。よいお店をつくるには、まずは仲間たちのハートを掴まなければいけません。
けれど、これは経験の中で得られること。まずは怖じけず積極的にいろんな人とコミニュケーションをとっていくことが、ココロのプロフェッショナルへの近道になる。「食」というキーワードでつながった仲間といっしょに、毎日を楽しみながらチャレンジしていきましょう。

いちばん大切なのは、日常の中で"あなたが感じてきたこと"。

店長/1998年入社  三浦 武

みなさんが目指す、店長というポジション。店舗のトップとして、どんなお店をつくっていくかを考え、売上やメンバーの管理までをする、いわば"一国一城の主"といえる仕事です。とはいえ、まずは売場に立って経験を積みながら、研修などを通して少しずつヒト・モノ・カネという商売の基礎を学んでいけるのでご安心ください。それよりも大切なのは、"お客さまや仲間たちのココロを見る力"。これは特別なスキルではなく、普段の生活の中であなた自身が感じてきたことが活きるはず。たとえば「冬の寒い日には、父さんは〇〇を食べたがっていたな」とか、「パートの〇〇さんは、私と同じで自分から話にいくのが苦手そう。なるべく声をかけてあげなきゃ」とか。日常のささいな気づきや優しさが、お店づくりにはとても重要になるのです。だからこそ、いつでも高いアンテナを張って過ごすことが必要。私たちヨークは、そんなあなたならではの心遣いを買います。

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる