カネテツデリカフーズ株式会社カネテツデリカフーズ

カネテツデリカフーズ株式会社

食品/メーカー/練り製品/食品製造/ものづくり/商品企画・開発
業種 食品
本社 兵庫
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

蒲鉾成型課
中安 俊文(23歳)
【出身】甲南大学  理工学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 安心・安全を製造しています。
現在、蒲鉾成型課という部署で蒲鉾を生産しています。蒲鉾を造る工程は、大きく分けて「擂潰(らいかい)」「成型」「包装」の3つに分けられます。擂潰では、専用の機械をつかってすり身を擂り潰します。私の担当する成型では、擂潰で合成されたすり身を板の上に機械を使って乗せ、加熱、冷却までを行っています。
上記のことを行うと供に、使用する機械のメンテナンスや衛生を維持するための洗浄作業も行います。
ただ蒲鉾をつくるだけでなく、お客様に安心して食べて頂けるよう、安心できる製品を製造することが私の仕事です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
責任と自信を持って製造しています。
入社して大きな失敗をしたこともあります。それは、重量不足の不良品を、たくさん造ってしまったこと。後工程の包装課の方に指摘されるまで気づかず、造り続けていました。その経験より、例え何万個造った中にたった1個不良品があったとしても、その1個を購入して下さったお客様にとってはそれがすべてとなってしまう為、会社の信頼が失われるということを学びました。その後は、責任感がより一層高まり、今は、一つ一つの蒲鉾を心を込めて製造しています。自分の造った製品が実際に店頭に並び、多くのお客様に購入して頂き、食べて頂けることが仕事のやりがいです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 役員の方も身近に感じました。
勤務地・会社の雰囲気・業務内容を重視していました。その中でも特に会社の雰囲気重視していました。
カネテツデリカフーズでは、最終面接の際でも、話しやすく、役員の方たちとも話しやすいと感じました。実際に1年働いてみて、とても働きやすい環境であると感じでいます。
入社から半年間は、歳の近い先輩に指導員というかたちでサポートに付いていただきました。
毎月、時間をとって頂き、一緒に目標を立てたり、その振り返りも行います。なかなか作業中は相談できないことも、そういった機会を頂くのでコミュニケーションをとりながら、自分のやるべきことを明確にできました。
 
これまでのキャリア 蒲鉾成型課

この仕事のポイント

仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動を始める前に、業界や職種を絞っている方もいるかと思いますが、様々な企業を知ることが出来るのは、就職活動の期間しかありません。
ぜひ、色々な企業を見てください。視野を広げるいい機会だと思います。就職活動、頑張ってください!

カネテツデリカフーズ株式会社の先輩社員

新しい取り組みに挑戦しています!

商品開発室
山口 千晶
近畿大学 農学部

売れる商品をつくり上げる

モノづくり推進室
高殿 晃平
北海道大学 水産科学院

原料の仕入れだけでなく新商品の誕生を叶える、製造も開発も支える仕事

山田 将弘
神戸国際大学 経済学部 都市文化経済学科

かまぼこや竹輪、揚げ物などの商品の、食品卸業者への営業

下吉 諒汰
関西外国語大学 外国語学部 英米語学科

大切な製品を生み出す土台とも言える、責任もやりがいも感じられる仕事

蒲鉾擂潰課
森本 大貴
徳島文理大学 総合政策学部 総合政策学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる