株式会社栗本クリモト
業種 建設
商社(建材・エクステリア)/建設コンサルタント
本社 広島

先輩社員にインタビュー

生駒悠(22歳)
【年収】非公開
これが私の仕事 日々勉強!建物ができるまでの工程を管理する
現場監督の主な仕事は、品質、安全、コスト、工程(スケジュール)の管理です。
将来的に現場監督となる入社1年目の私の仕事は、朝礼で作業内容の確認、昼礼で次の日の作業内容の確認、また、毎日必要である日報、作業安全推進書の作成です。
その他、先輩の手伝いを行いながら現場を見て回り、作業内容及び職人さんたちがどのような作業を行っているのか日々学んでいます。
そして作業工程ごとに必要な現場写真の撮影し、部屋内で下地に不備がないかをチェックし、検査前に不備、修正点をまとめるなど、様々なことを行っています。
入社してすぐは現場の流れや仕事の内容などほとんどのことがわかりません。その為、わからないことは先輩や職人さん達に聞き、一つ一つ学び、覚えていくことが大切だと思います。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
建物ができる過程はこの仕事でしか分からない
現在、初めての現場としてマンションの建築工事に携わっています。建築現場の竣工から引き渡しまでの流れを経験している中で、更地の状態から少しずつ建物が出来上がっていく状況を見るのは初めての事だったので感動しました。また、日常生活で当たり前にある建物がどのようにして建築されているのか工程、作業ごとに細部まで知ることができ、建築についてより興味を持ちました。
知らないことが多くあるので、今後様々な建築工事に携わることで建物について多くの事を学び、知っていきたいと思っています。
その他にも、職人さん達とのコミュニケーションもとても楽しいです。業界のお話や業種ならではのお話を聞くことができとても興味深いものが多いです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 就活の軸は「広島で就職」建築分野で多くの経験ができそうなことが決め手
栗本を選んだ理由として、私は地元である広島県内で就職したいと考えており、広島県内で大手の総合建設業(ゼネコン)である栗本に注目しました。
栗本は、建築工事では、戸建て・集合住宅・公共施設など、また土木工事では、道路・トンネル・橋など多様な分野に携わっていることを知り、「ここで様々な経験をしたい!」と感じたことが選んだ最大の理由です。
 栗本に就職してよかったと思う所は、資格のサポートが充実しており、先輩方にも質問しやすく、資格の勉強に取り組みやすいところです。その他にも、月1回の社内講習会があります。社内講習会では、建築の基礎的な部分について実例を交えながら先輩が講習してくれるので、現場での事象と知識が一致していくため理解が深まります。
 
これまでのキャリア ・入社して約1ヶ月、図面の読み取り練習、CADの練習
・現場での仕事が始まると約1ヶ月、先輩に同行して現場を学ぶ
・現場に入って約1ヶ月経過後は朝礼・昼礼を任され、先輩の手伝いなどをしながら多く事を学ぶ

この仕事のポイント

職種系統 施工管理
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事で身につくもの 人を動かしたり、管理する能力が身につく仕事
特に向いている性格 段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

現在、コロナウイルスによりオンラインによる面接などが増えていると伺っています。 私個人の意見ですが、様々な先生方、先輩方との面接練習を多く行うことが大切だと思います。また、面接の時に話す事柄は多くなくてもいいと思います。一つの事に多くの熱意をもって取り組むことで内容が濃くなるので、多くの事柄を浅く広く話題にするよりはいいと思います。

株式会社栗本の先輩社員

ひとの暮らしを支える建物づくり

香川基将

多くの人と関わり、一つの建物を築く仕事

白川純也

規模や内容は多種多様。リフォーム部門の施工管理

山本あゆみ

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる