東亜建設工業株式会社トウアケンセツコウギョウ

東亜建設工業株式会社

ゼネコン/マリコン/海上土木/建築/海外/インフラ/プラント
  • 株式公開
業種 建設
建築設計/建設コンサルタント/機械/重電・産業用電気機器
本社 東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

東北支店土木部直轄工事(岩手地区)陸前高田脇之沢工事事務所
久柴 慶典(26歳)
【出身】土木系学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 毎日がワクワク!
施工管理の仕事は、主に安全、工程、出来形、品質の管理を行い、お客様に責任をもって引き渡すまでが仕事となります。
発注者及び協力会社と入念に打ち合わせを行い、何が一番安全で効率的な作業となるかを考え、それに伴う品質・コストを考慮した作業計画で現場が動きます。工事に関わる多くの人がその計画を基に作業を行うため、大きな責任は伴いますが、一日一日が計画通りに進むととても充実感・達成感があります。
また、海洋土木は船を用いて作業するため陸上土木よりも大規模な起重機を使用することができます。先頭に立って大規模な現場を動かすことのできる仕事は毎日がワクワクです!
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
目の前の景色が変わる!
入社後、一番最初に老朽化した護岸の補修工事の現場を担当しました。施工中は解らないことが多く、段取りの悪さに上司や協力会社の方から叱咤激励を頂いたこともありました。
それでも、上司の助言を受けながら必死に毎日の業務をこなしていくことでなんとか竣工を迎えることができました。竣工した後は近くを通る道路から見える景色ががらりと変わり、一目で護岸がきれいになったことが分かりました。その時、すべてが報われたかのような思いでいっぱいになりました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き とにかく海が好き!
大学時代、講義の一環として近所にある建設現場の現場見学会に参加しました。そこで、これまでの生活では体験することのなかった迫力ある重機作業を初めて目の当たりにしました。そこからゼネコンについて興味を持ち始めました。就職活動を進めていく中で海洋土木を強みとしている“マリコン”というワードを知りました。 幼いころから海が好きでもともと海に関係する仕事につきたいと考えていたこともあり、マリコンを中心に就職活動を行いました。その後、東亜の説明会に参加し、現場で活躍する先輩社員の話を聴きました。その時に社員間の雰囲気の良さと自分もその先輩社員のような人になりたいと感じ、東亜を選びました。
 
これまでのキャリア 海上工事建設現場の施工管理(現職今年で2年目)

この仕事のポイント

職種系統 施工管理
仕事の中身 地図や歴史に自分が関わったものを残せる仕事
仕事のスタイル 何人もの人を動かすリーダーシップが問われる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 人を動かしたり、管理する能力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

まずは説明会に参加し、いろいろな会社の雰囲気を感じることが大切だと思います。
また、その会社の先輩社員をみて自分が将来その先輩社員のような人になりたいかどうかに重点を置くことも一つの方法です。

東亜建設工業株式会社の先輩社員

皆で共に造る建築現場の現場監督

西日本建築支店広島営業所ヴェルディ舟入南作業所
野田 一貴
建築系学系

東京オリンピック用海底トンネル築造業務

本社土木事業本部機電部(機械職)
伊東 剛志
機械系学科

給与計算から社宅寮の管理などの労務における事務全般

本社人事部ヒューマンアフェア事業室
水山 利昭
経済学部

港湾工事の施工システムの開発・現場運用。

土木事業本部機電部(電気職)
南 弘信
電気系学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる