株式会社早川書房ハヤカワショボウ
業種 出版
本社 東京

先輩社員にインタビュー

板倉ブックセンター
C・K(27歳)
【出身】太田情報商科専門学校  経営ビジネスコース 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 たくさんの人に本を届ける仕事
私は物流と在庫管理を担う部署の一員です。当社が書店から受けた注文や取次が書店から受けた注文指示に基づいて出庫作業(ピッキング)を行います。出版社の直接の取引先は書店ではなく取次です。ここで出庫された商品は取次別に梱包加工され、契約運送会社を通じて取次に納品されます。また、当社は出庫業務の一部を外部に委託しています。ここにも自社と同じタイミングで出庫指示を出しています。出庫部門ではこの委託会社への在庫補充も行っております。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
ノーベル賞受賞、一躍有名に
2017年10月、カズオ・イシグロ氏のノーベル賞受賞に伴い、たくさんの注文をいただきました。日々、たくさんのFAXが届き、電話は鳴り止まず、目が回る忙しさに毎日が駆け足で通り過ぎていきました。書店からの電話を受けると「受賞おめでとうございます」と一言頂き、その大きな影響を身近に感じることができました。ひとりでも多くの人に書籍を届けられるよう、社員一丸となって仕事に打ち込みました。また、私の周囲でも当社が話題に上がることが増え、家族や友人からもたくさんのコメントをもらいました。このような素晴らしい機会に出会えたこと、忘れられない体験になりました。特に大量に出荷した書籍が店頭で大きく展開しているのを見ると、嬉しく思います。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き ただ本が好きなだけの子どもだった
小・中・高と本好きが高じてずっと図書委員だった私は、それでも最初から出版業界に行くと決めていたわけではありませんでした。学校に貼り出された募集案内を見て、興味を持ち、気づけば試験を受けていました。ですが、試験や面接、会社見学をするうちに、やっぱり紙の本に触れていたい、この会社で働きたいと強く心に思いました。合格して家族や友達に就職先を伝えると、納得と爆笑をもらいました。結局、私は本から離れられなかったんだなと、実感しました。
 
これまでのキャリア 2014年新卒入社で気づけば7年。
物流部門の一員として、皆様に本をお届けします。

この仕事のポイント

職種系統 物流・在庫管理
仕事の中身 趣味・プライベートシーンを楽しくする仕事
仕事のスタイル 自分の仕事を自分で決めていく仕事
仕事で身につくもの 人を動かしたり、管理する能力が身につく仕事
特に向いている性格 段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

試験では書籍に関することが多かったので、たくさんの本を読むに越したことはないと思います。面接では自分の意見をはっきり言うことが大事だと感じました。自分のセールスポイントを理解できていると、自信を持って他者に自分をアピールできます。また、学生のうちにアルバイト等で、コミュニケーション力を磨いておくと有利です。円滑な人間関係が築けると仕事もスムーズに進めることができます。

株式会社早川書房の先輩社員

そもそも編集って何、というと

雑誌編集部SFM課
R・M
早稲田大学 文学部

本造りのまとめ役「制作部」

制作課
M・A
早稲田大学 教育学部/国語国文学科

出版社の営業ってなに?

営業部営業課
A・S
中央大学 文学部

本にかかわる全ての情報のチェック

校閲課
S・A
明治大学 政治経済学部

『ミステリマガジン』と国内ミステリ小説の編集業務

雑誌編集部HMM課/第二編集部
M・K
慶應義塾大学 法学部政治学科

海外の本を日本に紹介する仕事

第一編集部 翻訳フィクション課
K・N
早稲田大学 文学部演劇映像コース

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる