本田金属技術株式会社ホンダキンゾクギジュツ

本田金属技術株式会社

Hondaグループ
業種 輸送機器
自動車/非鉄金属/金属製品
本社 埼玉
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

生産技術部 川越生産技術ブロック
Y・K(25歳)
【出身】日本大学  生産工学部 マネジメント工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 新機種の立ち上げや新規設備導入など
私の担当している仕事は、自動車部品の新機種の立ち上げや量産現場の不具合・困りごとの解決や効率改善といった業務となります。 具体的には、量産を開始する前に、試作といって試しに新規量産用の金型を使用して実際に製品を製造してみます。その中で、量産するために適切な条件の見極め・検証を行います。そして、最終的には最適な条件設定を行い量産へ移行させるような業務になります。製品を作る前の工程と実際に作る工程の間ということもあり、設計部門や量産部門の双方から意見やアドバイスを頂ける部署なので幅広く知識を得ることができます。また、自分が立ち上げた部品が使用された自動車を見かけると、非常に達成感を感じます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
鋳造用治具の設計製作をした結果、量産不良率の9%以上低減に成功した。
私が担当していた鋳造部品の製造工程には必ず、治具を使用して製造する工程があります。その治具の使用頻度はとても多いので、すぐにガタがきてしまって人によってばらつきが出てしまう程あまり精度が良い物ではありませんでした。 そのため多い日では生産数の約10%以上不良品になっていました。そこで私は自分なりに治具の設計して、製作メーカーと整合をとり、新しい治具を製作しました。 早速その新しい治具を量産へ投入したところ、不良率が1%以下に削減でき、人によるばらつきをを無くすことに成功しました。 「現状」は現場作業者から、「設計・製作」は先輩社員や製作メーカー様から様々なアドバイスや協力をして頂き、とても多くを学ぶことができましたし、結果的に量産不良率の削減にも繋がり、自分自身の自信が付きました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 福利厚生・休暇制度が魅力的だった。生産している商品が魅力的であった。
私は、仕事と休暇のメリハリがある生活が理想であったため、就職活動では福利厚生・休暇制度がしっかりしている会社を重点的に選定していました。 弊社では、完全土日休日であり、有給休暇の取得も会社側から推奨されているので、理想であった仕事と休暇のメリハリがある生活が送れております。 弊社で生産している部品は、従来お客様の内作部品で、製品の性能に大きく関わる部品であり、そのような部品に携わって仕事を行える点に魅力を感じました。
 
これまでのキャリア 金型設計(半年間)→生産技術(1年半)

この仕事のポイント

職種系統 生産・製造技術開発
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

多くの業界・企業・職を知ることができる良い機会なので、他人からの話だけではなく自分の足でたくさんの説明会に参加してください。すぐに内定が出たとして就職活動を終了し、入社後のギャップですぐに会社を辞めては意味がありません。自分は社会に出てからどういった人生を歩んでいきたいのかを常にイメージしていくことも大事だと思います。

本田金属技術株式会社の先輩社員

世界一のものづくりを目指しています!

生産技術部素材技術BL
K・.Z
熊本大学大学院 自然科学研究科

未来を見据えた技術の開発をしています!

研究開発BL
S・K
東洋大学大学院 理工学研究科 機能システム専攻

商品として価値のある完成品の在庫管理をしています!

工務BL工務Gr
A・Y
日本大学 経済学部経済学科

自動車エンジン部品の鋳造用金型の製作

開発部 金型技術ブロック
H・M
日本大学 生産工学部機械工学科

エンジン部品(ピストン)試作品の加工全般

研究開発部 開発試作ブロック
K・Y
千葉工業大学 工学部 機械サイエンス学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる