山形放送株式会社ヤマガタホウソウ

山形放送株式会社

テレビ局 ラジオ局
業種 放送
広告/その他サービス
本社 山形
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

技術局放送技術部
尾形 涼介(25歳)
【出身】北海道大学  理学部 物理学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 テレビマスター 主に放送の監視業務
テレビマスターは、「テレビ局の心臓部」といわれるように、責任重大な部署です。放送事故を未然に防いだり、事故が起きてしまった際に対処しなければならないからです。他部署と密接に連携し、最終的にOAとして送出する機関なので、ミスをすると即放送事故になってしまう緊張感があり、見た目以上にハードな仕事といえます。つまり、何も異常が起きず無事にOAされることが喜びであり、何も対処しなくてよい状況を用意することが必要です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
駅伝中継に参加し、本社屋上でアンテナを振ったこと
2019年の女子駅伝中継に参加し、本社屋上でアンテナを振る仕事をしました。何日も前からリハーサルを行い、特に生放送にはこれだけの入念な準備が必要なのだと改めて感じ、ミスの許されない厳しさを痛感しました。本番では時折降雨に見舞われ、またOA時に某有名人の不祥事ニュースが重なるといった不測の事態もありましたが、会社全体で取り組んだイベントを無事に終えられたことは非常に嬉しく、大きな達成感を覚えました。応援に来てくれた日本テレビや読売テレビの技術職の方々のおかげで不安も消え、人と人とのつながりの大切さ、高い技術を継承していくことの必要性を十二分に感じました。入社前から興味のあった制作技術の仕事をわずかながら体感し、独特な現場の雰囲気を肌で感じたことで自分の幅も広がったように思います。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 新しい技術に積極的な姿勢を感じたから
偶然YoutubeでYBCのチャンネルを発見し、ドローンで霞城公園の様子を撮影した動画を見ました。ローカルテレビ局が地元PRのため、観光地を撮影した動画を若い世代に向けて配信し、知名度向上を図っている。地元を盛り上げるために地元の良さをより広く発信していくことは重要と考えていたので、知名度のあるローカルテレビ局がそれを担うことはとても有効であり、深く共感したのを覚えています。自分は山形出身ではないので、客観的に傍から見た山形の良さを発信できる、その手助けをしたいと考えました。
 
これまでのキャリア 技術(2019年入社)

この仕事のポイント

職種系統 システム運用・保守
仕事の中身 災害・事故・犯罪からヒトの命を守る仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

大企業に入ればずっと将来安泰という時代は終焉を迎えつつあります。自分にしかできないことを極めて、唯一無二の存在となることを目指しましょう。好きな仕事を見つけることは重要ですが、たとえどんな仕事でも、働いてその対価として賃金を得ようとしているあなたは、それだけで資本主義を支える重要な人材です。皆さんが幸せに働けることを心より願っています。

山形放送株式会社の先輩社員

報道記者・カメラマン

新庄支社報道
松山 大雅
早稲田大学 法学部

民間放送局の収入部門であるテレビとラジオCM、番組のセールス

東京支社営業部
橋本 かりん
山形大学 地域教育文化学部 地域教育文化学科

会社のお金の流れを管理しています。

経営管理局経理部
福田 智昭
東北学院大学 経済学部 経済学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる