住友不動産株式会社
スミトモフドウサン
2022
  • 株式公開
業種
不動産
住宅/建設/建築設計
本社
東京

当社の魅力はここ!!

企業理念

より良い社会資産を創造し、それを後世に残していく

新宿、六本木、日本橋、麻布十番、飯田橋、渋谷、高田馬場・・・私達の開発実績があるエリアのごく一部です。当社は東京都心部を中心に、市街地再開発事業で地域活性化を図るとともに、防災性を高めながら街づくりを行っています。こういった社会的課題を解決する事と同時に上場企業である以上、採算も確保しなければなりません。当社は一見矛盾する、2つの課題に本気で向き合い、安易に妥協することなく考え抜くことで解決方法を探し、より良い社会資産を創造しています。また開発後も地権者の方と共に地域活性化のイベントを行うなど、街に集う人と共に街の歴史を創り、後世に残していきます。これが住友不動産が行っている街づくりです。

戦略・ビジョン

常識を疑い、白紙から考えるメーカー型の総合ディベロッパー

「規制上オフィスビルが建たない」「オフィスビル立地ではない」「建てたところでテナントニーズがない」と、デベロッパー業界の常識からするとビル立地でないと考えられている土地だとしても、私達は業界の常識を疑い、常に白紙から考え直し新発想に挑戦し開発を行ってきました。都心部では優良な大型の土地を取得するのが難しいですが、当社は小さな土地から大きな土地を創りあげる強みを生かして用地取得をし、商品企画も設計会社にすべてを任せず自ら考える、言わば「メーカー型のデベロッパー」としてものづくりを行っています。

社風・風土

立場が異なる人を巻き込みリーダーシップをもって引っ張っていく

住友不動産の総合職は経営幹部候補生です。6,000名の社員のうち総合職はたった600名、営業職や技術職、業務職等、専門的な業務についている方が5,400名おり、ダイバーシティ経営が進んでいる会社です。総合職が、異なる目的・目標・考え方・価値観を持つ数多くの社員を、人格・判断力・統率力を持って支えていかなければなりません。また、1プロジェクト毎に関わる総合職社員は少人数なので、若手でも自ら考え、プロジェクトを最後まで推進していく力が求められます。このような他社とは異なる社風や考え方のもとで、経営幹部候補生として業務を行っていける面白さがあります。

会社データ

事業内容 ビルの開発・賃貸
マンション・戸建住宅の開発・分譲
宅地の造成・分譲
海外不動産の開発・分譲・賃貸
建築土木工事の請負・設計・監理
不動産の販売・仲介・鑑定 ほか
設立 1949年 住友本社の継承会社として設立
資本金 122,805,350,767円 (2020年3月31日現在)
従業員数 13,676名(2020年3月31日現在・連結)
売上高 1,013,512百万円 (2020年3月31日現在・連結)
事業所 東京/大阪ほか全国各都市ならびに海外拠点
本社所在地 東京都新宿区西新宿二丁目4番1号(新宿NSビル)
業績推移 決算期   売上高(連結)     経常利益(連結)
2020.3       1,013,512百万円      220,520百万円   
2019.3       1,012,198百万円      203,227百万円
2018.3   948,402百万円     186,870百万円
2017.3   925,151百万円     167,697百万円
2016.3   854,964百万円     148,424百万円
2015.3   806,835百万円     139,055百万円
2014.3   780,273百万円     130,536百万円
2013.3   736,652百万円     114,916百万円
2012.3   688,662百万円     107,912百万円
代表者 代表取締役社長 仁島 浩順
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)