TOYO TIRE株式会社トーヨータイヤ
  • 株式公開
業種 タイヤ・ゴム製品
自動車/輸送機器/化学/その他製造
本社 兵庫
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

設計開発
匿名(27歳)
【出身】有機化学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 忙しさが楽しさでもある、研究開発最前線
自動車用タイヤに使われるゴム材料は、ポリマーやカーボン、シリカ、薬品などの原材料を製品に応じてブレンドしてつくられています。自動車用タイヤに求められるグリップ性能や低燃費性能、耐久性能などを実現するために、どの原材料を、どんな比率でブレンドすればいいか。そんな配合技術を開発するのが、私のメインの仕事です。また配合技術開発の他に、社内の基盤技術部門と協力して、ブレンドする原材料そのものを検討することもあります。私たちが新たに生み出した技術でタイヤの新製品をつくる時は、設計通りのものを生産できるように工場の生産プロセス技術担当と一緒に考えをめぐらすこともあります。基礎研究的な仕事から、応用開発、生産プロセスまでに関わり、幅広い経験が積めるのは、この仕事のいちばんの魅力です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
多くのことを学んだ2週間のマレーシア出張
入社3年目、2016年の夏のマレーシア出張も忘れることはできません。あるタイヤ製品開発の試作のために、マレーシア工場に派遣された時です。現地に出向いて感じたことは、文化や生活習慣の違いでした。試作をうまく進めていくうえで、言葉の壁もありましたが、まずは現地スタッフとのコミュニケーションや人間関係の構築が重要と考え、自分から率先して行動を起こすことを常に心がけました。ときには英語の発音が悪く聴き取ってもらえないこともありましたが、伝わるまで何度も繰り返して説明したり、意見をぶつけ合うなど、粘り強く向き合いました。試作は数日かけて課題をひとつひとつチェックし、現地スタッフと協力しながら考えられる新たな課題を洗い出し、それらすべてを潰しこむことができ、出張の目的をクリアすることができました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き タイヤの世界の面白さに惹かれた
就活当初は化学メーカー志望でしたが、TOYO TIREとの出会いがキッカケでタイヤの世界の面白さにひかれ、タイヤメーカー中心に軌道修正。TOYO TIREに決めたのは、仕事を熱く語る人事担当者に熱意と人を育てる風土を感じたことと、幅広い仕事を経験できる環境がゼネラリストをめざす自分に合っていると思ったからです。
 
これまでのキャリア REタイヤ開発部/OEタイヤ開発部(現部署)

この仕事のポイント

職種系統 応用研究・技術開発
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動では、さまざまな会社説明会に行ってみてください。就職活動するまでは、雑誌やメディアなどによる間接的な企業情報にしか触れていない人がほとんどだと思います。そこで、実際に「目的意識」を持って説明会に行き、企業の方々の生の声を聞くことにより、ビジョンが広がることは間違いないと思います。ビジョンを広げることが社会人としての第1歩であり、それらの選択肢を吟味してこそ納得のいく就職活動にすることができると思います。

TOYO TIRE株式会社の先輩社員

会社の将来にも関わる管理会計の仕事

経理部
匿名
商学部

自動車用タイヤの開発

OEタイヤ開発部
匿名
応用化学専攻

自動車タイヤの構造設計・開発

設計開発
匿名
工学部機械 システム工学科

自動車用タイヤの販売

国内営業本部
匿名
経済学部卒

ゴムの分子構造を解明する技術に挑む

中央研究所 ゴム材料研究室
匿名
物質系工学専攻

乗り心地、操縦安定性能を、もっと良く。

技術第二本部 ゴム製品開発部
匿名
工学部機械システム工学科卒

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる