TOYO TIRE株式会社トーヨータイヤ
  • 株式公開
業種 タイヤ・ゴム製品
自動車/輸送機器/化学/その他製造
本社 兵庫
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

OEタイヤ開発部
匿名
【出身】応用化学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 自動車用タイヤの開発
TOYO TIREは、市販用タイヤとともに純正タイヤも数多く手がけ、国内外のメーカーの様々な車種に製品を供給しています。そんな事業の一翼を担い、数年後にリリースされる新型車の純正タイヤを開発するのが私の仕事です。純正タイヤの開発は、自動車メーカーが提示する要求仕様の実現をめざしてスタートします。最初に天然ゴムやカーボンなどの原料の配合レシピを材料部と共同で考え、出来上がったゴム材料でタイヤを試作。実車に装着しての走行試験と台上試験で性能を評価し、改良を加えるという工程を繰り返して自動車メーカーに提供するサンプル品を作成。さらに自動車メーカーのテストコースでサンプル品を装備した試作車を走らせ、性能を最終確認するというのが大きな流れです。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
2年連続デビュー
純正タイヤの開発を専門に手がける「OEタイヤ開発部」では、現在国内外の自動車メーカー向けに多数の新型車向け純正タイヤの開発を同時並行で進めていますが、私が主担当を務めたのは2つの車種。2018年に発売された車両のタイヤです。開発が佳境をむかえ、自動車メーカーにサンプル提案をする際には緊張したのを覚えています。またもうひとつは、2019年に発売しました。自分が開発した製品が2年連続で世の中にデビューする日が来るなんて、入社時には想像できませんでしたが、今はとてもやりがいを感じています。自分が設計し、開発した製品が、2年連続で世の中にデビューすることになり、大きな自信にもつながっています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 社風との相性が良かった
化学出身で当たり前に化学メーカーを志望するが、個人的に好きな自動車業界にも注目し、自動車メーカーにも挑戦しました。同じ関連でタイヤメーカーの説明会に参加し、タイヤの秘めた可能性に強くひかれました。TOYO TIREを選んだ決め手は、社風との相性を感じたからです。
 
これまでのキャリア OEタイヤ開発部

この仕事のポイント

職種系統 応用研究・技術開発
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル ひとつのプロジェクトを長期間かけて進める仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

企業に就職すると、取引先などを通じて本当に様々な会社があることに改めて驚きます。「こんな業種の会社と取引が!?」と思うことも。
特に新卒の就活は、一生で一番多くの業種を見られる貴重な機会です。自分で縛りを作らず、様々な業界に触れてみると思いもよらない発見があったりして、より有意義な活動になるのではと思います。

TOYO TIRE株式会社の先輩社員

会社の将来にも関わる管理会計の仕事

経理部
匿名
商学部

自動車タイヤの構造設計・開発

設計開発
匿名
工学部機械 システム工学科

自動車用タイヤの販売

国内営業本部
匿名
経済学部卒

忙しさが楽しさでもある、研究開発最前線

設計開発
匿名
有機化学専攻

ゴムの分子構造を解明する技術に挑む

中央研究所 ゴム材料研究室
匿名
物質系工学専攻

乗り心地、操縦安定性能を、もっと良く。

技術第二本部 ゴム製品開発部
匿名
工学部機械システム工学科卒

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる