TOYO TIRE株式会社トーヨータイヤ
  • 株式公開
業種 タイヤ・ゴム製品
自動車/輸送機器/化学/その他製造
本社 兵庫
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

国内営業本部
匿名
【出身】経済学部卒 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 自動車用タイヤの販売
TOYO TIREの自動車タイヤは、カーディーラーやカーショップ(クルマ用品の量販店)、ガソリンスタンドなどを通じて、一般のお客様に販売されています。そんな製品の国内流通の重要な一翼を担うのが、グループ販売会社の「株式会社トーヨータイヤジャパン(TTJ)」。私は今、そのTTJに出向し、営業担当としてカーディーラーをはじめとするお得意先に製品を卸販売する仕事に携わっています。営業は、オフィスの中にいても仕事になりません。朝出社して、メールチェックなどを済ませたあと、昼の休み時間に昼食をとりに帰る以外は、一日外出。お客様のもとを訪ね、製品を届けたり、商談や打合せをしたり、外で仕事をしています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
お客様が喜ぶ姿を見るのが営業としての楽しみ
一日の訪問件数は、平均すると10社ほど。特に私の場合は、アポイントがなくても、時間があれば1件でも多くのお客様のもとを訪ねるように、お客様とひとことでも良いから会話するように心がけています。それでビジネスにつながる話ができなかったとしてもOK。直接会ってお話をすることで顔と名前を覚えていただき、TOYO TIREの存在をいつも頭の中で認識してもらうことが大事だと思って、それを実践しています。営業担当は、当然売上にも責任があります。売上の目標達成にむけて全力を尽くすのは、営業の使命。でも私にとっては、売上目標を達成した時よりも、自分が何かをすることでお客様に喜んでいただいた時が、いちばんうれしい。お客様に寄り添い、お客様が抱える問題の解決をお手伝いして、喜んでいただく。それが私のめざす営業です。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 居心地がよかった
子どものころからクルマが大好きで、就活では自動車業界を志望。どんなクルマにも必ず装備されるタイヤメーカーには、特に関心が高かったです。TOYO TIREを選んだのは、人事担当者の対応も含めて、居心地が良かったからです。「この人たちとなら、うまくやっていける」と感じました。
 
これまでのキャリア 入社以来、一貫してグループ会社で営業担当。

この仕事のポイント

仕事のスタイル 自分の仕事を自分で決めていく仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 交渉力・折衝力が身につく仕事
特に向いている性格 誰とでも親しくなれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

志望動機は、面接ごとに使い回しができるものではありません。面接に臨む際、再度練り直してみましょう。会社のことをよく調べたうえで作り上げた志望動機は、それだけで説得力を持ちます。「よく調べている」と思われれば好印象を与えることができるはずです。会社案内やホームページの情報だけでなく、自分なりに会社研究を進めてください。面接では、「よく調べないとわからないこと」をうまく絡めて話すことがポイントです。

TOYO TIRE株式会社の先輩社員

会社の将来にも関わる管理会計の仕事

経理部
匿名
商学部

自動車用タイヤの開発

OEタイヤ開発部
匿名
応用化学専攻

自動車タイヤの構造設計・開発

設計開発
匿名
工学部機械 システム工学科

忙しさが楽しさでもある、研究開発最前線

設計開発
匿名
有機化学専攻

ゴムの分子構造を解明する技術に挑む

中央研究所 ゴム材料研究室
匿名
物質系工学専攻

乗り心地、操縦安定性能を、もっと良く。

技術第二本部 ゴム製品開発部
匿名
工学部機械システム工学科卒

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる