日本曹達株式会社
ニホンソーダ
2022

日本曹達株式会社

農業化学品/医薬品/機能性化学品/環境化学品/クロールアルカリ
  • 株式公開
業種
化学
農林/医薬品/半導体・電子部品・その他
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

日本曹達はグローバルな視野で事業を展開する技術指向型の東証一部上場化学会社です。長い歴史のなかで蓄積された技術力やノウハウを活かした研究開発体制のもと、高機能高付加価値製品を世に送り出すファイン化戦略を推進しています。その事業フィールドはアグリビジネス、機能性化学品事業、医薬品事業、環境化学品事業、クロールアルカリ事業の5つの分野にわたり、それぞれ国内外で展開しています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

NISSOは効力と安全性を追求した各種農薬製品を提供しています

農薬の開発では、有機合成実験から生まれた“有効と期待される化合物”について、何度も安全性試験を繰り返します。その中で安全と効果を併せ持つものだけが製品化されますが、開発期間は10年以上、しかも成功の確率は数万分の1という難しさ。まさに多くの技術とノウハウの結晶なのです。このようなハードルをクリアして開発された殺虫剤「モスピラン」は、国内外の市場にインパクトを与え、発売後、好調な売上げを持続。売上げ規模数百億円の農業化学品事業で大きな一端を担っています。また、2017年夏には新規殺菌剤「ピカルブトラゾクス」を上市しました。今後も、新製品の開発に力を注ぎ、世界の食糧の安定供給に貢献していきます。

技術力・開発力

NISSOは環境保全と快適な生活の実現に貢献しています

かつての「カネミ油症事件」の原因となった産業廃棄物「PCB(ポリ塩化ビフェニール)」。その処理方法に関してこれまでさまざまに模索されてきましたが、ドラム缶や貯槽で保管しているのが実態で有効な化学処理法が見つかりませんでした。しかし、NISSOグループによって開発された方法によって、無害化処理が可能となり、実際に処理を行った一部電力会社や環境安全事業において高い評価を得ています。NISSOは、約40年も前からこうした地球環境保全に取り組み、時代の先を読んだ環境ビジネスを推進。これまでも活性汚泥の賦活剤や、ゴミ焼却場の飛灰重金属溶出防止剤など、画期的な技術・製品を開発しています。

戦略・ビジョン

【かがくで、かがやく。】 次の100年に向けて

2020年2月に当社は創業100周年を迎えましたが、それは化学の力を信じ幾多の苦労を乗り越え、社会が求める製品を常に生み出し続けてきたからだ、と考えています。次の100年を迎えるためには、変動激しい社会情勢・マーケットに柔軟に対応する必要がありますが、苦しくとも化学の力を信じる心を忘れないようスローガン「かがくで、かがやく。」を策定しました。農業、医療、環境、情報といった重要分野を支え持続可能な社会を築くために、わたしたちは歩んでいきます。一緒にNISSOの未来を切り拓いていきましょう!

会社データ

事業内容 農業化学品、医薬中間体、電子材料等の高付加価値有機・無機化学製品および各種工業薬品等の製造・販売を行う化学会社。

1)アグリビジネス
 殺菌剤、殺虫・殺ダニ剤、除草剤、他
2)機能性化学品事業
 半導体フォトレジスト材料、染料製品、特殊樹脂、光触媒、他
3)医薬品事業
 製剤用添加剤、医薬中間体、他
4)環境化学品事業
 水処理剤、殺菌消毒剤、PCB無害化処理、他
5)クロールアルカリ事業
 カセイソーダ、塩素、塩酸、カリ製品、青化製品、他
設立 1920年(大正9年)2月
資本金 291億6669万円(2019年3月)
代表者 取締役社長 石井 彰(いしい あきら)
従業員数 1,317名(2019年9月)
株式上場 東証一部上場
事業所 本 社/東京 支 店/大阪
営業所/北海道、宮城、埼玉、富山、福岡
工 場/新潟、富山、岡山、千葉
研究所/神奈川、千葉、静岡、福島、各工場生産技術研究所
海 外/ニューヨーク、セントルイス、デュッセルドルフ、サンパウロ、上海、ソウル、バンコク、他
売上高 <連結業績>
2015年3月期 売上高 1481億円 経常利益 149億円
2016年3月期 売上高 1427億円 経常利益 189億円
2017年3月期 売上高 1286億円 経常利益 99億円
2018年3月期 売上高 1412億円 経常利益 92億円
2019年3月期 売上高 1456億円 経常利益 88億円

2019年3月期 株主資本比率(自己資本比率) 65.6%

<単独業績>
2015年3月期 売上高  860億円 経常利益 70億円
2016年3月期 売上高  843億円 経常利益 71億円
2017年3月期 売上高  780億円 経常利益 38億円
2018年3月期 売上高  796億円 経常利益 47億円
2019年3月期 売上高  842億円 経常利益 53億円

2019年3月期 株主資本比率(自己資本比率)  69.5%


<事業別連結売上構成(2019年3月期)>
化学品事業28.3%、農業化学品事業29.6%、商社事業25.3%、運輸倉庫事業2.9%、建設事業8.3%、その他事業5.6%

関連会社 三和倉庫、日曹商事、日曹金属化学、日曹エンジニアリング、日曹建設、ニッソーファイン、新富士化成薬、上越日曹ケミカル、NSビジネスサポート、日曹分析センター、日曹ビーエーエスエフ・アグロ、ニッソーグリーン、ニッソーフィールドサービス、NISSO AMERICA INC.、NISSO CHEMICAL EUROPE GmbH、NOVUS INTERNATIONAL. INC.、NISSO BRASILEIRA REPRESENTACAO LTDA.、NISSO CHEMICHAL INDIA、日曹達貿易(上海)有限公司、日曹南海アグロ、Alkaline SAS、他
【新型コロナウイルス感染症への対応】 ・今年度の会社説明会は全てWeb上での開催とさせて頂きます。
 詳細はマイページよりご確認ください。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)