ミヨシ油脂株式会社ミヨシユシ

ミヨシ油脂株式会社

東証一部上場 総合油脂加工メーカー (食品・化学・素材)
  • 株式公開
業種 食品
化学/商社(食料品)/商社(化学製品)/その他商社
本社 東京

先輩社員にインタビュー

食品事業 営業職
営業職
【出身】中央大学  商学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 世の中が求める食のニーズを提案
食品部門の営業としてマーガリンなどあらゆる食品油脂の提案を行っています。営業というとすでに開発された製品を提案するイメージがありますが当社はクライアントの求める新製品にマッチする油脂を独自に開発するケースが増えています。このとき、クライアントのニーズを引き出して、他部署と共に新しい製品をプロデュースするのも私たちの役目。食の流行をリサーチしパンや菓子にどう応用させるかを提案しています。私が担当している大手製パン会社は、製品のラインナップも豊富で、新製品の発売やリニューアルも頻繁です。毎日のように足を運ぶなかで、新たに求めている味の情報やニーズをキャッチすることから仕事がスタート。相談を受けたら、社に持ち帰って他部署と連携を図り試作品を製造。提案と修正を繰り返して生産・販売まで関わっています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
1年目で自分の関わった製品が店頭に
入社1年目にスーパー向けのジャムパンに入れるスプレッドマーガリンを新しくしたい、という相談を受けました。私は技術部の製パンスタッフや開発スタッフと意見を出し合い、5案の試作品を持って挑戦。しかし、結果としてこのときは不採用でした。どうしても、あきらめきれなかった私は、上司に相談して再提案を申し出ると、「やってみたら」との後押しがありました。再び担当先に試作品を持っていくと、話が進み、4回ほど提案を繰り返した後に採用となりました。入社前、新製品に関われる、という話は聞いていましたが、1年目からチャンスを与えられるとは思いませんでした。自分の関わった製品がずらりと店頭に並んだときには、大きなやりがいを感じたものです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 油脂メーカーなら、食の幅広い分野に関われる
身近にあるものを扱う仕事がしたいと思い、食品業界をめざしました。はじめは、B to Cの食品メーカーをみていましたが、さまざまな食品メーカーに営業できることや、ヒットする商品を提案できるチャンスがあるところが当社を選んだ理由です。油脂は、いまや使われていない食品を探すことのほうが難しいくらい浸透しています。世の中が新しい食感や味わいを求めるとき、油脂が力を発揮する機会がそれだけあるということ。私たち営業は、油脂の知識を増やすだけでなく、製品全体の設計を知り、食のニーズをアップデートすることが大切です。つまり、それだけ食の幅広い分野に関わっているのです。食に興味のある人にとって、これほどのおもしろさはないと思います。
 
これまでのキャリア 2014年入社
現在に至る

この仕事のポイント

仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 機敏なフットワークと行動力が必要な仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 交渉力・折衝力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

食に興味を持って就職活動している学生さんは多いと思います。そのなかでスーパーやコンビニに並ぶような製品をつくるメーカーに目がいくはずです。一方で当社のような油脂メーカーであれば、1つの商品だけでなく幅広くさまざまなメーカーの製品に関わることができます。食品業界は、トレンドの移り変わりや技術の進歩がめまぐるしい世界。取り扱う幅が広いとそういったダイナミックさも感じとることができます。ぜひ、広い視野で業界をみて、就職活動をしてみてください。

ミヨシ油脂株式会社の先輩社員

生の意見にふれ、油脂製品を改良

食品事業 研究開発職
研究開発職
東京海洋大学大学院 海洋科学技術研究科 海洋環境保全学専攻

個人のスキルとチームワークでクレームゼロのものづくり

食品事業 製造職
製造職

あらゆる産業に素材を提供

営業職
愛媛大学 農学部

新たな界面活性剤を開発

研究開発職
九州大学大学院 理学府 地球惑星科学専攻

全国にある自社工場の設備設計を担当

エンジニア

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる