協和キリン株式会社キョウワキリン
  • 株式公開
業種 医薬品
医療機器/化学/その他製造
本社 東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

生産本部 CMC研究センター
2011年入社
【出身】工学府 生命工学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 経口固形剤を中心とした製剤設計研究(処方設計、製造方法)
新薬候補化合物から患者様が服薬可能な「医薬品」を作るのが私の仕事です。具体的には、臨床試験で用いる「治験薬」から患者様の手元に届く「上市製剤」までの製剤設計研究(処方設計、製造方法)を行っています。「医薬品」は、新薬候補化合物の特徴に合わせた製剤設計が行われており、開発段階に応じた有効性・安全性が検証・保証されていることが必須です。さらに、「上市製剤」では対象患者様ができるだけ服薬しやすい形にブラシュアップされていることが重要です。そして、高効率で生産ができるようになっていることが求められます。このために、研究所が蓄積してきたノウハウと我々が切り開く最先端技術を駆使し、製剤設計研究に挑んでいます。この多岐にわたる仕事は、チーム一丸となって議論を深めていくことが最重要だと感じています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
若手の意見がプロジェクトの推進力となる!
入社当初から、大きな仕事を任せられます。私の場合、入社1年目から世の中にないコンセプトの分析法を自ら提案し、プロジェクトの進捗に繋げました。その過程で、語学研修を経て、海外への技術移管にも携わりました。現在までに、低分子・核酸医薬品の分析研究・製剤設計研究に携わり、より仕事の幅が増え、難易度の高い仕事に挑戦しています。例えば、最先端の技術を利用し、生産効率向上のための製造法研究やIT技術を駆使した最適化研究、キリングループの協働テーマなどの数多くの基盤テーマも挑戦しています。この会社では若手が自分の考えを発信でき、プロジェクトに積極的に参画できます。自身の考えを発信し、チームで議論・検討を繰り返し、課題解決・目標達成できた時はとても嬉しいですし、成果が表彰された時は大きな達成感があります。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 革新的な新薬創出に挑戦を試みる社員の志が綴られた「私たちの志」に共感
大学時代は、蛋白質の改変や核酸の分子認識素子についての研究を行っていたこともあり、バイオテクノロジーのエキスパートであるこの会社に惹かれました。さらに、グループ会社で診断薬・機器の開発やアミノ酸サプリメント開発を行っており、キリングループにまで視野を広げれば食品・飲料と研究の幅が広く、多方面から健康・医療に貢献できる技術があると感じました。また、他にもバイオテクノロジーに強みのある会社はありましたが、この会社を選んだのは、技術力だけでなく「私たちの志」に綴られた熱い思いを持った社員がたくさんいることが分かったからです。「技術力×志」で革新的な新薬が作れると確信しました。実際に就職活動で会った社員はとても優しく穏やかで熱い人が多く、ここで働いて新薬の研究開発に挑戦したいと強く思いました。
 
これまでのキャリア 入社後、3年間製剤研究所(現CMC研究センター)の製剤分析研究部門で低分子医薬品・核酸医薬品の製剤分析研究に従事し、現在に至るまで同研究所の製剤設計研究部門で低分子医薬品の製剤設計研究に従事しています。

この仕事のポイント

職種系統 応用研究・技術開発
仕事の中身 ヒトの美容や健康を支える仕事
仕事のスタイル 多少のリスクにも果敢にチャレンジする精神が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 使命感に燃えやすい人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分と向き合い、「自分が何をしたいか」を整理することが重要だと思います。次に、どの業界が自分にあっているのかを整理し、その業界の興味のある企業をよく調査し整理してみて下さい。その後、実際に社員の人と直接話をするのが重要だと思います。話をする中で、自分がその企業で働いている様子をイメージし、どのように働いて会社に役立てるかを考えてみて下さい。明確にイメージが沸き、この社員と働きたいと思える会社を「自ら選択する」ことが重要だと思います。

協和キリン株式会社の先輩社員

研究職(生産プロセス研究)/バイオ医薬品の精製プロセス開発、新薬申請

生産本部 バイオ生産技術研究所
2010年入社
新領域創成科学研究科 先端生命科学専攻

ゼロからはじまる、これまでにない新規核酸技術研究

研究開発本部 創薬技術研究所
2011年入社
総合化学研究科 総合化学専攻

バイオ医薬品のタネを探す仕事。サイエンスでは負けない!

研究開発本部 創薬基盤研究所
2011年入社
医学部 保健学科

臨床開発モニターをしながら、試験計画立案もしています!

研究開発本部 臨床開発センター
2014年入社
薬学部 薬学科

世の中にない、全く新しい治療薬を生み出す!

研究開発本部 臨床開発センター
2009年入社
生命理工学研究科

スムーズに統計解析ができるように治験データの品質を高める仕事

研究開発本部 バイオメトリックス部
2009年入社
理工学研究科 情報科学専攻

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる