株式会社池田泉州銀行
イケダセンシュウギンコウ
2022
業種
地方銀行
本社
大阪
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

 池田泉州銀行は、日本有数の恵まれたマーケットである関西エリアを中心に展開する独立系地方銀行です。皆さんがイメージする一般的な銀行業務のみならず、地元企業の海外進出支援、技術開発支援など、地方銀行としてお客さまのためにできることは多岐に渡っています。関西を代表する地域金融グループとして、地域の経済やお客さまの暮らしを様々な角度から支えています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

『地域の皆さまからのご支持No.1』を目指して

池田泉州銀行は関西地域を中心に、お客様の事を第一に考え、金融機関として地方創生の役割を担う地方銀行です。日本経済新聞社、日経リサーチが共同で、全国114の銀行を対象に実施している第15回『銀行リテール力調査』において、池田泉州銀行は総合ランキング4位(前回3位)と前回に続き地銀トップとなる高い評価をいただきました。今後も成長が見込まれるこの関西で、お客さまの役に立ちたい、そして地域とともに自身も大きく成長したい、そんな熱い思いを持つ人にはぴったりのフィールドが広がっています。

戦略・ビジョン

~池田泉州銀行の戦略的リレーションユニット~

池田泉州銀行では、地域のお客さまのより専門的なニーズにお応えするための本部の専門部署を総称して「リレーションユニット」といい、その機能を最大限に活用した独自の提案力が池田泉州銀行の強みとなっており、様々な取組みを行っています。このような専門部署の他、独立系ならではの連携先とグループの総力で関西の経済、産業、くらしを支え、関西地域の力を高めていくことで、経済のさらなる活性化に貢献していきたいと考えています。

魅力的な人材

ワーク・ライフ・バランスの向上とダイバーシティの推進

従業員が個性と能力を発揮できる環境、誇りと意欲を持って仕事に取り組める職場作りのため、ワーク・ライフ・バランスの向上とダイバーシティの推進に取り組んでいます。2016年6月には「女性活躍推進法」に基づく優良企業の認定制度である『えるぼし』最上位である3つ星レベルを獲得、2018年2月には「職員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる企業」として『健康経営優良法人(ホワイト500)』の認定、2020年2月には「次世代育成支援対策推進法」に基づき『プラチナくるみん』の認定を受けました。

会社データ

事業内容 普通銀行業務(預金、融資、内国・外国為替、証券、その他付随業務)
設立 1951年9月
資本金 613億円
従業員数 2,346名(2020年3月末現在)
預金量・貸出金量 預金残高  :5兆76億円
貸出金残高:3兆9,835億円
※2020年3月末現在
代表者 代表取締役頭取兼CEO 鵜川 敦
事業所 本店所在地/大阪府大阪市北区茶屋町18番14号
店舗数:139店舗(大阪・京都・兵庫・和歌山・東京)
※2020年3月末現在
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)