角田市
カクダシ

プレエントリーとは、「御社に興味があります」という意思表示です。エントリーシートの提出締切や説明会・面接開催情報を企業から受け取ることができます。

角田市

地方自治体
  • OpenES
  • 正社員
業種
公社・官庁
本社
宮城

私たちはこんな事業をしています

宮城県南部に位置し、2万8000人強の市民が暮らす緑豊かな地、それが角田市です。
市内には南北に阿武隈川が流れ、春になると黄色に染まる河川敷の菜の花畑をはじめ、四季折々の風景が楽しめます。

市の食ブランドである食材「米・豆・梅」に加えて、JAXA角田宇宙センター等がつなぐ宇宙への「夢」、市の歴史を象徴する伊達政宗公の次女「牟宇姫」。これら「5つの"め"」で独自のブランドづくり、まちづくりに取り組んでいます。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

「5つの"め"」をキーワードとするまちづくり

「米」「豆」「梅」「夢」「姫」。これが角田市の「5つの"め"」です。多くの食材を産出し豊かな食文化を育んできた角田市ですが、その象徴が米と大豆、梅。食分野のブランディングをリードする存在です。また、角田市はJAXAが研究開発の拠点を置く「宇宙開発のまち」。宇宙や科学、さらにはスポーツ・健康・環境、教育など、あらゆる分野の未来を拓くキーワードが「夢」です。そして「姫」は、伊達政宗の次女で角田領主に輿入れした牟宇姫をシンボルとする、角田の歴史的資源を物語るキーワード。この「5つの"め"」を市の"歴史"と"未来"を"食"で繋ぐまちづくりのキーワードとして、私たちは広く角田市の魅力を各方面に発信し続けています。

施設・職場環境

豊かな自然環境と暮らしやすい生活基盤が両立

豊かな自然環境に恵まれている一方で、角田市は「暮らしやすさ」の面でも非常に魅力的な街といえます。例えば住宅家賃平均は東京都や全国平均はもとより宮城県、仙台市の平均と比較しても低く、1LDKで4~5万円、2LDKで5~6万円ほど。17カ所の都市公園や14カ所の児童公園などの公園・緑地、各種医療機関、スーパーマーケット・コンビニ等の商業施設など、生活に不可欠なさまざまな施設も充実しています。また保育所や認定こども園、放課後児童クラブなどの子育て施設や、医療費助成・出産支援など子育てにかかわる制度面も整備。自然環境とハード・ソフト両面で充実した生活基盤がバランス良く両立したまちづくりを、着実に押し進めています。

社風・風土

職場としても「働きやすさ」を追求

市役所という職場としても、働きやすい環境づくりに努めてきました。例えばアフター5を充実させるため、毎週水曜日はノー残業デー、金曜日には早く帰るよう声かけ運動をしています。土日はイベント等で出勤となることもありますが、その場合は別日に振替休日となります。部活動も盛んで、野球やサッカー、バレー、卓球、バドミントン、ゴルフ、さらに釣りや囲碁などがあり、加入はもちろん任意ですがほぼ全職員が何か一つは入部しています。市役所というとおカタイ職場というイメージがあるかもしれませんが、実態はかなりソフト。そうした風土の下、「市のために」という熱い気概で取り組んでくれる方に入ってきていただきたいと考えています。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

総合職としての包括的な地方公務や、各自の専門性を生かした専門的業務に従事いただきます。

【令和3年度(2021年4月1日入庁)実績】  新規採用職員:16名
◆行政(一般事務):14名(上級9名、初級5名)
◆土木:1名(上級)
◆保育士:1名(中級)

※募集職種は年度により異なる場合があります。

会社データ

事業内容 角田市第5次長期総合計画では、角田市の目指す都市像を次のとおり掲げています。

~人と地域が輝く 田園交流都市 かくだ~

◆人と地域が輝く都市(まち)
ともに助け合い、支え合いながら協働のまちづくりを進めることにより、市民一人ひとりが笑顔にあふれ、魅力ある都市(まち)として角田市が輝いていきます。

◆田園都市(まち)
豊饒の大地から生産される豊かな農産物を活かした本市の農業と、工業、商業などの産業が有機的に融合し、付加価値の高い足腰の強い産業の振興を図ります。

◆交流都市(まち)
阿武隈川や深山、斗蔵山など恵まれた自然環境や美しい田園風景、さらに豊富な地域資源を活かし、訪れる人々に潤いと安らぎをもたらし、交流の盛んな都市(まち)を目指します。
市政施行 1958(昭和33)年10月1日
予算額 131億2000万円(令和3年度一般会計当初予算額)
職員数 278名(令和3年4月1日現在)
代表者 市長 黒須 貫
事業所 【市役所】
宮城県角田市角田字大坊41
沿革 1954年10月 旧角田町など1町6か村が合併し、新角田町発足
1958年10月 市制を施行し、角田市誕生
1965年07月 科学技術庁「航空宇宙技術研究所角田支所」開設
1979年05月 宇宙開発事業団角田ロケット開発室スタート
1981年11月 県内初の農業気象観測所設置
1990年07月 H2ロケット実物大模型が完成
1992年06月 角田市民ゴルフ場がオープン
1993年04月 コスモハウス(宇宙展示館)完成
1999年04月 角田市新長期総合計画を策定
2002年04月 角田市総合保健福祉センターがオープン
2006年    小惑星「イトカワ」の地名に「角田」と命名
2012年03月 福應寺毘沙門堂奉納養蚕信仰絵馬が国の重要有形民俗文化財に指定
2013年    金津七夕が国の記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財に選択
2015年07月 かくだ田園ホールオープン
2019年04月 道の駅かくだオープン

連絡先

〒981-1592 宮城県角田市角田字大坊41番地
電話:0224-63-2111
掲載開始:2021/02/15

角田市に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

角田市に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリー候補数が多い企業ランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

※リクナビ2022における「プレエントリー候補」に追加された件数をもとに集計し、プレエントリーまたは説明会・面接予約受付中の企業をランキングの選出対象としております。

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)