日東紡績株式会社
ニットウボウセキ
2022

日東紡績株式会社

【東証1部上場】
  • 株式公開
業種
ガラス・セラミックス
化学/繊維/医薬品
本社
東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

【グラスファイバー事業】
電子機器や自動車、建築資材等、幅広い分野に製品を提供。
世界有数の技術力で業界トップを走り続けています。

【メディカル事業】
体外診断薬や機能性ポリマー等、多岐にわたる事業を展開。
人々の生活を多方面から支える事業を行っております。

【繊維事業】
衣料に不可欠な糸から副資材・製品に至るまで、幅広い商品を展開しています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

繊維技術を応用し、社会に幅広く貢献

繊維メーカーとして創業した当社ですが、時代の変化を常にチャンスと捉え、繊維業で培った知見・技術を生かし、多くの新素材・新規事業を生み出してきました。例えば、当社が日本初の工業化に成功したグラスファイバー(ガラスを原料にした繊維)は、繊維の柔軟性に加え、電気絶縁性や高い耐久性を持つ先端素材として、電子機器や自動車、建築物など、幅広い分野で活用されています。当社はその他にも、化学品や医薬品など、繊維技術を応用して様々な事業を展開しています。今後も、付加価値が高く独自性の強い商品・サービスをタイムリーに提供していくことによって、社会に貢献していきたいと考えています。

仕事内容

様々な専攻が活躍する広範なビジネスフィールド

グラスファイバーと聞くと無機化学をイメージしますが、当社では様々な専攻の社員が活躍しています。例えば、ガラスを繊維状に保つ表面処理には有機物を用いている有機化学出身の社員も多数活躍しております。また、当社の強みであるミクロン単位の極細繊維の製造には、独自の生産設備が必要不可欠。自社で生産設備の設計から改良、管理まで行っているため、機械・電気系の知識も必要になります。また、アイデア次第で様々な産業に活用できる当社の製品には、その魅力を伝える営業やマーケティングなどを行う事務系社員の力が欠かせません。その他にも、幅広い事業を展開する当社なら、皆さんの知識が活きる場が見つかるはずです。

会社データ

事業内容 日東紡は下記の事業を展開しています。

■グラスファイバー事業
 
グラスファイバー事業部門は、今後も限りない可能性を追求し、
ガラス繊維メーカーのトップクラスを  走り続けます。

グラスファイバーの工業化に世界で初めて成功。
糸の製造からガラスクロス加工、複合材料の開発までを一貫して行い、
幅広い分野に製品を提供しています。

住宅用断熱材などに使用するグラスウールの製造を日本で最初に開始し、
今なお断熱材のパイオニアとして高い独自技術を誇っています。

○ヤーン・電子材料用途(スマートフォン、パソコン・デジタルカメラなど)
○複合材料用途(航空機・自動車、浴槽・ヘルメットなど)
○産業資材(商業・スポーツ施設などの膜材、ブラインド・照明カバーなど)
○グラスウール断熱・吸音材

■繊維事業

ストレッチ素材の先駆けとなる二層構造糸や、
高いシェアを誇るレディース衣料向け接着芯地などを中心に、
多様化するお客様のニーズに応える商品を提供しています。

○コアスパン糸、ストレッチ製品(コート・ジャケット・パンツなど)
○衣料芯地製品(スーツ・シャツ・企業用ユニフォームなど)

■メディカル事業、環境・ヘルス事業

日東紡グループが長年培ってきた技術を生かし、多岐にわたる事業を展開しています。
 
メディカル分野では、生化学系・血液学系・免疫血清学系の体外診断薬事業を展開しています。

スペシャリティケミカルス分野では、ポリマー素材の開発と
幅広い分野での用途開発に注力しています。

飲料分野では、プライベートブランドを中心に、ペットボトルの成型から、
飲料の製造とボトリングまで行っています。

○体外診断用医薬品(生化学、血液学、免疫血清学系)
○機能性ポリマー(染料固着剤、インクジェットプリント用助剤、消臭剤など)
○清涼飲料水(茶系飲料、スポーツドリンクなど)
創立 1923年4月1日(大正12年)
資本金 196億円
従業員数 2,690名(連結) ※2020年3月時点
売上高 857億円(連結)  ※2020年3月期
代表者 取締役代表執行役社長 辻 裕一
事業所 本部:東京都千代田区麹町二丁目4番地1
本店:福島県福島市郷野目字東1番地
支店:大阪、名古屋
工場/福島、郡山、伊丹ほか
海外/アメリカ、中国、マカオ、台湾ほか
沿革 1923年  日東紡績株式会社創立

1938年  グラスファイバーの工業化に成功(日本初) 日本で初めてロックウールの製造を開始

1949年  日本で初めてグラスウールの製造を開始

1965年  コアスパン糸「C・S・Y」の製造を開始

1969年  プリント配線基板用ガラスクロスの製造を開始

1982年  血液凝固因子検査薬の製造を開始

1983年  世界で初めて機能性ポリマー「PAA」の工業化に成功

1988年  免疫血清学系検査薬を発売

1997年  飲料事業を開始

2008年  福島工場・福島第2工場がPRTR大賞を受賞

2013年  創立90周年
採用ホームページ https://www.nittobo.co.jp/recruiting/
会社ホームページ https://www.nittobo.co.jp/
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)