日本シャフト株式会社
ニッポンシャフト
2022
業種
金属製品
スポーツ・フィットネス・ヘルス関連施設/その他製造
本社
神奈川

私たちはこんな事業をしています

◆国内トップクラスのシェアを誇る総合ゴルフシャフトメーカーです◆
ゴルフクラブのヘッドとグリップをつなぎ、性能面でも重要な役割を担う“シャフト”。
日本シャフトでは金属塑性に関わる高度な技術力を強みに、ゴルフクラブの命ともいえるシャフトの開発・製造・販売を行っています。
また、野球用金属バットの製造販売も手掛けており、世界のスポーツシーンをもっと面白くするために、日々業務に邁進しております。

当社の魅力はここ!!

技術力・開発力

優れた技術と先鋭的な開発力で世界のアスリートの活躍を支える

日本シャフトは国内トップクラスのシャフトメーカーとして、自社製品の開発製造を手掛け、大手スポーツメーカーとの共同開発にも取り組んでいます。当社の強みは高度な技術力と開発力。年間数万本にも及ぶ試作品を作り、強度・耐久性テストを重ね、ユーザーが最高のパフォーマンスを発揮できるヒット製品を生み出してきました。主力事業であるスチールシャフトはもちろん、カーボンシャフトについても、多くのユーザーから高い評価をいただいています。世界の名だたるプロたちも当社のシャフトを愛用しています。優れた技術と先鋭的なアイデアで、世界のスポーツシーンを盛り立て、アスリートの活躍を支えています。

社風・風土

「まず、やってみよう!」攻めの姿勢を大切に、挑戦しつづける

失敗を恐れずに、まずは行動してみよう。1959年の設立以来、当社では常に新しい時代を見据え、チャレンジしつづけることを重んじてきました。世界最高水準の製品を世に送り出し、国内トップシェアを獲得できたのは、ものづくりに対する熱い想いと挑戦的な姿勢があったからこそだと思います。こうした理念は社内に浸透しており、社員は自分の担当領域を「ここからここまで」と限定せず、他部署の仲間と協力して、前向きに仕事に取り組んでいます。そして、枠に捉われない柔軟な思考と行動が、若手の成長を促しています。「世界最高水準のギアを創造する!」という共通意識のもと、好奇心旺盛な人材がいきいきと活躍できる風土があります。

施設・職場環境

社員の働きやすさと生産性向上の両立を目指しています

ゴルフシャフトの開発製造拠点は長野県駒ケ根市。初めて赴く社員も多いですが、借上社宅を用意し、家賃の一部を補助しています。現地には頼れる先輩や仲間もたくさんいますから、互いに支え合い、和気あいあいと仕事に励むことができます。また、「自分の主体性」次第で、業務の生産性向上や「もっとこうなったらいいのに」という点を社内で気軽に提案できる仕組みがあります。当社の「技術力」も、社員全員で何度も磨いた賜物です。ワークライフバランスも大切にして、残業時間は月平均20時間程度です。仕事に集中したら、休日はスポーツを楽しんでリフレッシュするなど、社員はそれぞれに充実した毎日を送っているようです。

会社データ

事業内容 ・ゴルフ用スチールシャフト、カーボンシャフトの製造・販売
・野球用金属バットの製造
・その他産業用製品の製造
設立 1959年2月3日(2019年で60周年)
資本金 3億9千万円
従業員数 196名(2020年3月現在)
売上高 48億円(2019年3月期)
代表者 代表取締役社長 酒井 直人
事業所 本社・横浜工場/神奈川県金沢区幸浦2-1-15
駒ヶ根工場/長野県駒ケ根市東伊那5636
【新型コロナウイルス感染症への対応】 3月上旬での会社説明会は控えておりますが、現時点では予定通り自社説明会を開催する予定でおります。
尚、説明会会場にはアルコール消毒液を準備いたします。

会社説明会・面接等で来社に不安がある方については遠慮なくご相談ください。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)