理研鍛造株式会社リケンタンゾウ

理研鍛造株式会社

<トヨタ・日野自動車グループ> 鍛造(=たんぞう)部品の製造
業種 輸送機器
自動車/金属製品/鉄鋼/機械
本社 群馬

先輩社員にインタビュー

技術開発部 設計グループ
D・Mさん
【出身】理工学部化学・生物化学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 奥が深い仕事です
製品の硬さ測定や金属組織観察を行う仕事をしています。当社では、主にトラック等に使用する鍛造部品を製造しておりますが、その製造方法により硬さや組織は異なってきます。そして、硬さや組織は製品の機械的性質すなわち強度や耐久性などに影響するため、とても重要な意味をもつ仕事です。具体的には、新しい材質で鍛造したものの硬さが規格内か、工程・設備の変更前後で変化はないか調査します。また、問題があったものの調査を行うことで原因解明に役立っています。このように、自ら測定したデータが製品の良し悪しの判断材料になると言っても過言ではないため、適度の緊張感をもち日々精確に測定するよう心掛けています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
達成感が感じられます
当社の製品は、自動車部品としては大きいものが多いです。硬さ測定や組織観察の際には製品から約1cm3の試験片を取り出す必要がありますが、切断から研磨まで先のことを考えながら作業します。うまく取り出し、測定したデータが予想通りであったり、何か発見があったときには達成感があります。また、硬さ測定や組織観察はミクロレベルで行うので、日々見掛けるトラック等の部品の内部を見られることにやりがいを感じます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き ものづくりに携わりたい
就職活動をしているときからものづくりに興味がありました。そして、ものづくりに携わるなら身近にあるものに携わりたいと考えていました。トラックは毎日どこかで目にすると思います。そのトラックの一部に自分も関われるというのが魅力的でした。また、休日もしっかり取ることができ、地元で働けるというのも理由の一つです。
 
これまでのキャリア 2017年4月入社、技術開発部設計グループに配属

この仕事のポイント

職種系統 生産・製造技術開発
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

私から言えることは、「一番信じられるのは自分の目で見て感じたもの」ということです。就職活動をする中で、多くの情報をネットや説明会などから得ると思います。しかし、それらを鵜呑みにせず、一度疑ってみてください。人それぞれで感じ方が異なるわけですから、その情報が自分に合っているとは限りません。実際に自分の目で見てベストな選択をしましょう。

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる