株式会社 向洋技研コウヨウギケン

株式会社 向洋技研

【最新技術・情報】グローバル/専門メーカー/機械設計/製品開発
業種 機械
精密機器/自動車/その他製造/機械設計
本社 神奈川

先輩社員にインタビュー

製造部
H.Y(29歳)
【出身】職業能力開発総合大学校  機械システム工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 機械加工でテーブルスポット溶接機の部品を生産しています。
自分が製作した部品がテーブル溶接機に取り付けられ、役割をしっかり果たしているのも見るとやりがいを感じます。また試作などで新しい部品を加工する時は、1からプログラムを作成し段取りも新しく考えなければなりません。同僚や上司からアドバイスをもらいながら新しい部品を完成させることで喜び・達成感があります。周りの人もいい意味で巻き込んでいきけるのでチームワークの向上、全体のレベルアップになり仕事の楽しさ・面白さに繋がっていると思います。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
新規の部品を機械加工で加工し、形にしたこと。
機械加工に携わって1年が経過した頃、それまで新規部品の製作や工具の選定などの段取りは上司が行ってくれましたが、その日から任され自ら決めていくようになりました。
そこから初めて自分に製作を任された部品の一部に、加工方法や工具なども今までにないものを取り組むことになりました。自分なりに考え試行錯誤し悩んでいましたが、
当時加工部署にいた上司に相談すると、適切なアドバイスをいただき、それをヒントに考え加工を進めていくと部品を完成させることができました。とても達成感があり嬉しかったです。
このケースのように上司や周りの方々からの協力を得て自分の仕事ができるんだと実感しました。ですので、周りの人たちに恩返しという意味で気配り、気遣いという気持ちが大切だと日々、実感しながら仕事に取り組んでいます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 自社独自の製品があり、多能工を目指して魅力的だった。
大学で学んだことを活かせるような仕事がないか就職活動をしていました。そんな時、今の会社を見つけ、大学で学んでいた機械系の仕事で尚且つ、自社独自の製品もあり素晴らしいなと思いました。その後、会社説明会に参加した時に自社製品であるテーブルスポット溶接機の説明を受けて、画期的な製品で自分もこの機械を造ることに携わりたいと思いました。その際の社長のお話で「見て、聞いて、オールカンニングOK!」という言葉を聞き、仕事がどのようなものでわからなく不安だったものが少し解消し、ここで働きたいという決め手になりました。
 
これまでのキャリア 製造・組立て(半年)→製造・機械加工(現職・6年目)

この仕事のポイント

職種系統 生産・製造技術開発
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

面接や試験だけでなくその企業を見て、聞いて、体感することが大切だと思います。特にその企業の方とお話をしてコミュニケーションを取ると良いと思います。よりその企業を知るチャンスであるとともに、元のイメージとのギャップもなくなると思います。内容は何でも構いません。積極的に自分から動きましょう。

株式会社 向洋技研の先輩社員

溶接制御装置のソフトウェア開発

技術部
T.S
湘南工科大学 電気電子メディア工学科

MYSPOT溶接機の販売

営業部
T.K
明治大学 理工学部機械情報工学科

機械フレームの製造 製缶作業

製造部
T.O
神奈川県立相武台高等学校 普通科

スポット溶接機の組み立て+改善

製造部
A.A
湘南工科大学 機械工学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる