山田機械工業株式会社
ヤマダキカイコウギョウ

プレエントリーとは、「御社に興味があります」という意思表示です。エントリーシートの提出締切や説明会・面接開催情報を企業から受け取ることができます。

山田機械工業株式会社

レンゴー株式会社グループ
  • OpenES
  • 正社員
業種
機械
本社
千葉
残り採用予定数
2名(更新日:2021/10/07)

私たちはこんな事業をしています

私たちは、段ボール業界大手「レンゴー株式会社」グループの一員として、結束機などの機械メーカーです。結束機の国内シェアは95%で、この分野のリーディングカンパニーとして知られています。ユーザーの要望に合わせた特殊機種も提供。品質マネジメントシステムISO9001認証取得や、環境問題にも積極的に取組み信頼されるものづくりに努めています。また、工場拡大やアジアを中心に世界に向けた海外拠点設立に取り組んでいます!

当社の魅力はここ!!

事業優位性

シェアは業界トップクラス! 包装機械業界をリードしています

「梱包」という仕事は、大きな手間と労力がかかる仕事です。そんな梱包作業のコストと時間を大幅に節減するのが、当社の代表的商品である自動紐掛機です。「箱に紐をかける」というシンプルな機能ですが、大きなものから小さなものまで豊富なラインナップを提供しています。この「箱に紐をかける」技術はどんどん進化しており、畳まれたダンボール箱の束を自動で結束する装置や、DVDケースなど壊れやすいモノに自動でクラフトエアーキャップ(いわゆるプチプチのことです)を巻く装置、パレットに積まれたモノをパレットごと梱包する装置など、新しい製品を次々と開発。お客さまの期待を上回る、そんな革新的な機械を世に送り出しています。

仕事内容

ものづくりの醍醐味を感じながら、世界を意識して働ける仕事です

当社の製品は、基本的な構造以外はお客さまごとのニーズに合わせた仕様です。特注製品のオーダーもあるため、1から設計する場合も少なくありません。一口に「設計」といっても、開発も同時に行っていると言えます。組立の現場は流れ作業ではなく、さまざまなパーツを一つひとつ丁寧に組み上げています。技量が要りますが、毎回違う機械を組み立てていくので、飽きるということはありません。販売面では圧倒的な国内シェアを強みに、お客さまごとに異なる課題解決に取り組みます。設計、組立、営業などが連携し、ニーズをカタチにして提案します。また、当社製品はアジアを中心に世界で販売され、アメリカ市場への参入も視野に入っています。

施設・職場環境

オン/オフのメリハリをつけ、充実した毎日を送れる勤務環境です

工場内は常に整理整頓され、冷暖房も完備されているため快適に作業ができます。社員食堂もあり、栄養満点の美味しい食事を格安に食べられます。ワークライフバランスを重視する社風なので残業時間は少なめ。月10~15時間、1日平均だと1時間未満なので、明るいうちに退勤して家族や友人と充実した時間を過ごすことができます。社内は社歴や役職などの隔たりがなく、自分の意見やアイデアを自由に発信できる風土。さまざまな部署や職種がありますが、常に「お客さま第一」の姿勢でしっかり協力し合う姿勢が根付いています。製品が少しずつ組み上がり、お客さまに納品されて好評なフィードバックをいただいた時、大きな達成感がありますよ。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

◆荷造り・包装機械の設計
  ・I-CADによる設計業務等
◆荷造り・包装機械の電気制御設計
  ・E-CADを利用した電気制御設計等
◆営業(企業向け・得意先中心)
  ・当社の包装機械の営業等
◆機械メンテナンス
  ・当社の機械の修理・保守メンテナンス等
◆生産管理
  ・製造工程における生産管理等
◆品質管理
  ・製品の品質検査、QMSの維持管理等
◆情報システム
  ・社内システムの管理・保守等

会社データ

事業内容 自動紐掛機、自動結束装置、書籍包装機などの製造・販売
設立 1952年6月(創業1939年9月)
資本金 1億円
従業員数 158名(2021年7月時点)
売上高 27億2100万円(2021年3月決算時点)
代表者 代表取締役社長 仁木 英文
事業所 【本社・工場・東部営業部・海外本部】
千葉県佐倉市大作2丁目3番地1(佐倉第三工業団地)

【名古屋営業所】
愛知県名古屋市中川区小塚町59番地

【西部事業部・西部営業部】
兵庫県三田市テクノパーク5-1

【江戸川工場】
東京都江戸川区中央3丁目22番地7

【海外子会社】
TOM VIETNAM CO., LTD.
沿革 1939年 個人にて工作機械工場を設立、円筒研磨盤の制作開始
1943年 海軍指定工場に指名され精密工作機械製作に従事、終戦により一時閉鎖
1952年 山田機械工業株式会社を設立
1958年 精密高速零番竪型フライス盤の製造販売を開始、「TOM自動紐掛機」の製造販売を開始
1961年 優良中小企業として東京通産局長より表彰、精密高速1/2番竪型フライス盤の製造販売を開始
1963年 自動紐掛機の需要の増大にともない全国にTOM販売代理店・サービス網を組織
1964年 東京中小企業投資育成株式会社が資本参加
1965年 特殊機専門工場として千葉工場を新設、輸出貢献企業として通産大臣(当時)より表彰、系列会社千葉塗装株式会社を設立し焼付塗装工場として操業開始
1971年 東京中小企業投資育成株式会社より再投資
1972年 再度中小企業合理化モデル工場に指定、TOM自動紐掛機の生産累計2万台に
1981年 OT型書籍包装機を開発
1987年 千葉工場を佐倉第三工業団地に移転
1990年 TOM自動紐掛機の生産累計7万台に
1995年 本社を佐倉市に移転
1996年 佐倉市に加工工場が完成し船橋工場から移転、名称を本社工場とする
1997年 YTC型段ボール用自動結束装置を開発
1999年 品質保証国際規格 IS09001認証取得
2005年 (段ボール用自動結束装置) YTC型くい込み防止装置を発表
2008年 YTC150-H型高速段ボール用自動結束装置(RAPID ONE)を発表、パレット梱包ラインを発表
2010年 スターメンテナンス株式会社を吸収合併、西部営業部を兵庫県三田市に移転
2011年 スターメンテナンス事業部東京営業所を佐倉市(本社・工場)に移転
2013年 YTC150-H2型高速段ボール用自動結束装置(RAPID ONEシリーズ)を発表
2014年 次世代法の「2014年くるみんマーク認定事業主」認定、TOM自動紐掛機の生産累計10万台に
2018年 TOM ベトナム社(TOM VIETNAM CO., LTD.)設立
2020年 株式会社日神合研を吸収合併(現 江戸川工場)
ホームページ https://www.tom-yamada.co.jp/

連絡先

山田機械工業株式会社
〒285-0802
千葉県佐倉市大作2-3-1
管理本部総務部総務課 採用担当 和田
TEL:043-498-2711(代表)
受付時間 8:00~17:00(土・日・祝日・年末年始・夏季休暇を除く)
Email:ke-wada@tom-yamada.co.jp
掲載開始:2021/08/05

山田機械工業株式会社に注目した人は、他にこんな企業を注目しています

山田機械工業株式会社に注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリー候補数が多い企業ランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

※リクナビ2022における「プレエントリー候補」に追加された件数をもとに集計し、プレエントリーまたは説明会・面接予約受付中の企業をランキングの選出対象としております。

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリーとは「御社に興味があります」という意思表示のことです。プレエントリーをすると説明会・面接予約などの選考情報を企業から受け取ることができます。
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)