株式会社開発設計コンサルタントカイハツセッケイコンサルタント

株式会社開発設計コンサルタント

JPD/J-POWERグループ/建設コンサルタント/インフラ/電力系
業種 建設コンサルタント
建築設計/電力・電気/エネルギー/コンサルタント・専門コンサルタント
本社 東京

先輩社員にインタビュー

地質事業部
杉山 直也(30歳)
【出身】山口大学大学院  理工学研究科 地球科学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 主に水力・火力発電設備構造物に係わる地質調査に携わっています
地質調査を行い、構造物の計画・設計・保守計画に必要なデータを調査・解析しています。机上の分析だけでなく、実際に現場を歩き、データを集めます。
現場データと既存の資料をつき合わせながら、目的に合わせた解析を行います。なによりも自分の集めたデータが信頼され、この先の基礎資料となり、様々な人の仕事の役に立てることが魅力です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
担当した調査データが発電事業の上で貴重な資料となる
入社1年目のとき、とある現場調査の一部を任されました。現場の相手や協力会社との段取りから、データのまとめまで、様々な問題に苦しみながらも、先輩方の助力を得てやり遂げました。後に私の調査結果が解析の重要な基礎データとして役立ったと耳にしたときは、本当に嬉しく感じました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 大学専攻を活かせる職種と風通しの良い社風
大学時代に専攻していた地質学を活かせる仕事を求めていました。当社を知ったのは大学の先輩の会社説明会を聞いたことがきっかけです。当社はJ-POWERグループの一員として、J-POWERが日本国内に所有する水力、火力発電所、さらに海外での発電計画の中で土木部門の調査設計を担っています。日本全国、そして海外がフィールドであり、その中で地質を含めた幅広い分野と高い専門性をもっています。こういった大学で専攻した地質学を活かせると感じた会社の専門性もさることながら、先輩の人柄や、そのとき感じた“明るくコミュニケーションのとりやすい”会社の印象は、面接を受けても変わることなく、入社の大きな決め手になりました。
 
これまでのキャリア 水力河川部(地質業務担当 2年間)→火力原子力技術部(地質業務 1年間)→地質部 大間事業所(現職 今年で1年目)

この仕事のポイント

職種系統 建築・土木技術者
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

会社を選ぶ基準は様々でしょうが、“会社の雰囲気”はパンフレットやホームページだけではわかり難いと思います。説明会などの機会に社員の方と直接話すことで少しでも雰囲気を感じることができます。またこだわりすぎはよくありませんが、自分の中で絶対に外せない“こだわり”をひとつ持っておくと、悩んだり優柔不断になったときの自分の指針になり、納得いく会社選びの手助けになると思います。

株式会社開発設計コンサルタントの先輩社員

技術職、具体的内容:水力発電設備及び河川構造物の調査・設計

土木事業本部 水力・河川部
大津留 恭延
埼玉大学 工学部 建設工学科

貯水池・調整池における堆砂対策および降雨流入予測業務に携わっています

土木事業本部 水力・河川部
金子 茉梨
東洋大学 工学部 環境建設学科

コンクリートの維持管理に関する研究、調査、分析

茅ヶ崎技術事業本部 設備保全技術部
野嶋 潤一郎
日本大学 理工学部 土木工学科

動的解析による建物の構造安全性評価業務を担当しています。

建築事業部
板垣 鉄哉
日本大学大学院 工学部・建築学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる