株式会社開発設計コンサルタントカイハツセッケイコンサルタント

株式会社開発設計コンサルタント

JPD/J-POWERグループ/建設コンサルタント/インフラ/電力系
業種 建設コンサルタント
建築設計/電力・電気/エネルギー/コンサルタント・専門コンサルタント
本社 東京

先輩社員にインタビュー

茅ヶ崎技術事業本部 設備保全技術部
野嶋 潤一郎
【出身】日本大学  理工学部 土木工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 コンクリートの維持管理に関する研究、調査、分析
全国に点在する水力・火力発電所のコンクリート構造物を対象に、主に維持管理に関する仕事を実施しています。
近年は博士後期課程に進学し、電磁波を用いたコンクリートの非破壊試験技術の研究開発にも取り組んでいます。

建設コンサルタント業として、どうしても複数の業務を同時に対応する場面が多くあります。その様な時は、個々の業務の目的を発注者と共有し、最適な方法を提案して成果を積み上げられるように心がけています。また、仕事が忙しくて十分な時間を作るのは中々難しいですが、最新の技術情報の入手と自己研鑽は怠らないように気をつけています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
全国に散らばる全てのJ-POWER水力発電設備に触れることができたこと
J-POWERの水力発電関連設備は、北は北海道、南は沖縄まで全国に多く点在しています。私は入社8年目で、その全ての地点に関連する調査・設計の業務に携わることができ、全ての設備を直接目にすることができました。中でもダムについては、内部の調査から測定データの評価と深く携わることができ、今でも当時の経験を生かした業務を受ける事があります。
我々の会社は、J-POWERのグループ企業であることから、仕事の対象となるものは発電設備に関するものが多くなります。古いものになると建設後50年を超える発電設備もあり、それらに触れられたことは今でも自分の財産となっています。「先人が作られた貴重な発電設備を、長きに亘って効率良く使い続けられるようにしなくてはならない」とそのとき強く思いました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 教授の推薦、会社が(当時)新宿の西側にあったから
学生時代に他の建設コンサルタント会社でアルバイトをしていて、同業種を選ぼうとは決めていました。具体的に我が社を選んだ理由は、私の指導教授の先生から勧められたのが主な理由です。やはり経験豊富な先生がお勧めしてくれた会社は、私の気質に合っていた様です。お陰様で、当時「通勤が楽で良いなぁ」と思っていた入社動機のひとつも、会社の神田への移転や茅ヶ崎への配属替えで叶わなくなったものの、無事に社歴を重ねることができています。
インターネットでの情報も大事ですが、人生の大先輩となる方々の意見に耳を傾けるのも必要かと思います。
 
これまでのキャリア 技術職(12年間)→事業企画(2年間)→技術職(現職)

この仕事のポイント

職種系統 建築・土木技術者
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 特定のお客様と長いおつきあいが続く仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 使命感に燃えやすい人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

職場見学やインターンシップを活用して、実際の仕事に触れてみることをお勧めします。今後の長い社会人人生をどこの会社で過ごすことになるのか、それぞれ一長一短あるかと思いますが、先生やOBに相談して是非自分に合う会社を選んで下さい。

株式会社開発設計コンサルタントの先輩社員

技術職、具体的内容:水力発電設備及び河川構造物の調査・設計

土木事業本部 水力・河川部
大津留 恭延
埼玉大学 工学部 建設工学科

貯水池・調整池における堆砂対策および降雨流入予測業務に携わっています

土木事業本部 水力・河川部
金子 茉梨
東洋大学 工学部 環境建設学科

主に水力・火力発電設備構造物に係わる地質調査に携わっています

地質事業部
杉山 直也
山口大学大学院 理工学研究科 地球科学専攻

動的解析による建物の構造安全性評価業務を担当しています。

建築事業部
板垣 鉄哉
日本大学大学院 工学部・建築学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる