株式会社山形新聞社ヤマガタシンブンシャ
業種 新聞
本社 山形

先輩社員にインタビュー

編集局整理部
高野周平(29歳)
【出身】山形大学  人文学部法経政策学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 新聞の紙面制作を担当しています
報道記者が取材して執筆した原稿を、新聞の形にするのが整理記者の仕事です。整理記者として一番大切にしている事は、一目で概要が理解できる見出しを付け、読みやすいレイアウトにくみ上げることです。見出し一つで記事のとらえ方、印象はがらっと変わります。記事の内容を、自分の言葉でかみ砕いて説明できるよう、何度も繰り返し読み、なるべく短い字数の見出しで表します。例えば、自分が「いい話だな」と感じた記事であれば、それに負けないような、読者の心を打つことができる見出しをめざして何度も練り直しています。読者の方の目に触れる形にする、新聞発行の核となる仕事だと思います。自分の仕事がそのまま形になるのでプレッシャーはありますが、緊張感をもって日々仲間と頑張っています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
新企画に対する読者の方からの反響
日々のニュース面のほかに、週刊の小中学生新聞も担当しています。読者のみなさんに楽しんでもらえるような企画を考え、それに対して「家族で読んでいます」「毎週の楽しみになっています」といった反響がもらえたときは、とてもうれしくなります。直接読者の方の顔が見える仕事ではありませんが、手紙やメール、ファクスで届く反響に、やりがいを感じています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 自分が「伝えたい!」と思う情報を、自分の言葉で伝えられる
自分の生まれ育った地元を元気にできる仕事がしたい、というのが一番の志望動機でした。記者というと、事件・事故といった悲しいニュースの取材をイメージする人は多いと思いますが、それだけではなく、地域のほっとするような情報やイベントなどの楽しい話題を届けるのも、地方紙記者の仕事です。記事を通じて、大好きな地元に元気や希望を届けることができる、魅力的な仕事だと思います。
 
これまでのキャリア 報道記者(本社、新庄支社・2年)→整理記者(現職・6年目)

この仕事のポイント

職種系統 編集・制作
仕事の中身 イキイキした地域社会をつくっていく仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

山形で、山形に住む人々のために働ける会社です。仕事は楽ではありませんが、やりがいはあります。楽しい声や悲しい声、苦しんでいる声。地域に散らばる無数の声を、新聞を通じて、一緒に、発信してみませんか。

株式会社山形新聞社の先輩社員

紙面のレイアウトを担当しています

編集局整理部
井上萌々子
中央大学 文学部国文学専攻

記者職として、写真の撮影や取材した内容を記事化する仕事をしています

編集局報道部
斎藤健太
高崎経済大学 地域政策学部地域政策学科

事件、行政、街ダネなど、県内の出来事に関して幅広く記事にします

編集局整理部
斎藤貴文
早稲田大学 政治経済学部政治学科

山形新聞の読者拡大を通じ、県民の暮らしを豊かにする仕事

販売局販売部
佐藤 瞭
山形大学 人文学部法経政策学科

記者が出稿した材料を新聞の形にしています

本社編集局整理部
小松大地
東京大学 文学部歴史文化学科

新聞広告掲載の提案しています

鶴岡支社営業部
渡部 敦
慶應義塾大学 文学部日本史学専攻

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる