伊那食品工業株式会社イナショクヒンコウギョウ

伊那食品工業株式会社

かんてんぱぱ
業種 食品
化学/化粧品/その他製造/外食・レストラン・フードサービス
本社 長野

先輩社員にインタビュー

技術開発室
落 俊行(42歳)
【出身】大阪大学  基礎工学部 生物工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 新製品『可食性フィルム』の研究開発
期待の新製品『可食性フィルム』の研究開発を任されています。お客様の要望に合わせた製品をつくるのとは違い、世の中に新しい価値を提供していく仕事。自分でテーマを見つけて進め方を考える、大学院時代に身につけた姿勢が役立っています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
可食性フィルムの開発に携われている事
日本では昔からオブラートなどの可食性フィルムが知られていますが、まだまだ未知な部分もあり、いろいろなことに挑戦できる新しい分野でもあります。この仕事に取り組めることになってから、いろいろな発見をすることができて日々充実しています。
可食性フィルムがプラスチックフィルムの代替として製品に使用していただき、ごみの削減に貢献できたことや使用する際の手間が省ける等、お客様から喜んでいただけたことがとてもうれしく思い、研究していく上での励みになっています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 自らどんどん提案できる社風が魅力
もともと食品会社を希望していました。同じく食品会社に勤める父から聞いて、この会社を知りました。
大手は分業が進んでいて、与えられた枠の中だけでしか研究ができないイメージでしたが、中小企業のこの会社なら、そのような枠はないし、自分からもどんどん提案できるという点が魅力でした。
 
これまでのキャリア 技術開発室(現職・17年目)

この仕事のポイント

仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

今はいろいろな企業を知ることができる良い時期だと思います。仕事の内容で選ぶのか、その会社で働きたいのか、思いは様々だと思います。企業の情報を収集したり、仕事の内容について情報を集めることは将来どの職業、職種に就いても無駄になることはないと思います。就職活動はとても大変だと思いますが、念ずれば花ひらくという言葉もありますので、強い思いをもって頑張っていただければと思います。

伊那食品工業株式会社の先輩社員

寒天製品の営業 お菓子屋さんから病院まで

名古屋支店
北林 怜
東京農業大学 応用生物科学部生物応用化学科

かんてんぱぱ商品の品質管理

品質保証部
伊藤 奈々
大妻女子大学短期大学部 食物栄養科

工場設備の設計、改善

化工機部
小島 秀治
東京農工大学 工学部機械システム工学科

寒天製品のパッケージ、パンフレット、インフォマーシャルの制作・進行

営業推進部
米窪 千尋
武蔵野美術大学 造形学部 芸術文化学科

業務用・家庭用の寒天製造

沢渡工場
新村 亮輔
東京理科大学 工学部 工業化学科

かんてんぱぱ製品の開発

研究開発部 第一開発室
伊東 美紀
千葉大学 園芸学部 園芸学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる